この人で本当に大丈夫? 結婚前調査への依頼は増加!詐欺師に遭わないために

ここ興信所や探偵というと浮気調査が思い浮かぶ方が多いと思いますが、最近は結婚前調査の依頼が増えてきているようです。

その背景にはインターネットや結婚相談が出会いの場になっている事があるようです。
いろいろな人に出会えるメリットはありますが、結婚詐欺や経歴詐欺に騙される危険性も高くなります。

晩婚化も進み年齢を考えると、長く付き合う事もなくスピード結婚をするカップルも少なくありません。

相手のことをよく知らないで付き合ったり結婚した結果、騙されたり離婚にいたるケースもたくさん出てきています。
相手の事をもっと良く知りたいでも早く結婚したい、そんな方が安心して結婚を決めるために婚前前調査が有効だと思います。

結婚前調査は一般的に経歴や素性、家族や友人関係、異性問題などを調査してくれます。

女癖、ギャンブル癖、酒癖、DVなど、結婚前に知らなかった為に離婚に至るような事まで、相手に知られずに調査が可能です。

本来は相手や御両親、友人から結婚しても良い相手なのか判断できれば良いのですが、都合の悪い事は言いづらいものです。
ご両親や友人に会わせてくれない、あまり自分の話をしてくれないとなると不安は大きくなるばかりです。

何も問題がないことを確認するために前向きに結婚前調査を利用する事で、結婚への不安を減らし詐欺などの被害も防止できます。

万一、問題が発覚してしまっても、解決できるものならば解決し前進するも良いですし、受け入れられないと判断した時は結婚を止める事になるかもしれません。
しかし知らないで結婚し後悔するよりはダメージは少ないでしょう。


結婚前調査について思う事。私が結婚した頃と娘の結婚が決まった時とを比べて。

私が結婚したのが32年前。就職したのが33年前。

その頃は、就職する時も結婚する時も“身元調査”をするのが当たり前だったらしいです。
“らしい”と言うのは、私自身がそれをした事が無いからです。

私が就職した頃、一般企業では一次試験二次試験と合格し、いざ面接に進む辺りで人事がいわゆる“身元調査”をしていたらしいです。
私の両親もそれを当然の様に受け止めていました。
人事に配属になった同期も堂々と「社内結婚、心配ないよ!個人ファイルに身元調査、ばっちりだから。」と平然と言ってました。
今だったら、そんな個人情報の話なんて洩れたら大変でしょう。いつからこんなに変わったのでしょう?今は、免許証にも本籍は載りませんよね。
本題の結婚前調査の話です。私の結婚の時は、両親はどこに頼んだかは知りませんが、身元調査を頼んだそうです。
それが当時は“悪い事”ではなく“当たり前”の事だったのです。
その結果が両親の願う結果ではなかったら、私たちはどうなっていたのでしょう?別れるか、駆け落ちするかのどちらかを選ばなければならなかったのでしょうか?

調査結果を見て両親が何も言わなかったと言う事は、その結果“問題なし”だったのでしょう。
両親がこだわった事は容易に想像がつきますけれど。さて、2年前、娘が結婚を考えてるという人を連れてきました。
優しそうな良い人です。結婚して、今も仲良く暮らしてます。私の母は“例の事”が頭をかすめたようですが、時代は変わったんだな~と思いました。

あれ程、保守的な母が「変に調べて、知りたくない事まで、知る必要はないよね。」と言ったんです。
私たち夫婦は調べる気など全く有りませんでした。
今は、いわゆる“その地区”にも新興住宅街ができ本籍も変えられるし、何よりも母の言う通り知りたく無いことは知らなくて良いからです。

大切なのは、子供が幸せになってくれることですから。母がこだわらなくてホッとしました。
結局我が家は、娘の結婚には結婚前調査はしませんでした。
息子もいますが彼の結婚の時にも結婚前調査をするつもりは有りません。