家出した家族の居場所を突き止めるための人探し!探偵や興信所への依頼

警察が事件として取り扱ってくれない行方不明者の場合、探偵や興信所で人探しが依頼できます。

例としては、成人済みの子供が家出をした妻や旦那が家に帰ってこない、などです。

進学に失敗してしまった大学生の子供、非行に走ってしまい家に帰ってこなくなった子供、恋人と結婚をすると言ってどこかで異性と同棲を始めた子供、浮気相手と暮らすため家を出てしまった妻、リストラされてしまい家にい辛くなり自宅に帰宅しなくなった旦那、などの具体例があります。

未成年が行方不明になってしまった場合、事件に巻き込まれた可能性が高く判断力が未熟であるために危うい行動に出やすい、と警察も捜査に力を入れてくれるのですが成人の大人が自分の意志で家出をしたとなると、家庭で解決するか帰ってくるのを待つべきや、監視カメラで確認できたから大丈夫でしょう、などと悠長な対応が返ってきがちです。

成人の子供が家出をしてしまい心配、家族が帰宅をしないと生活が不便と自分の意志で家出をした家族であっても話し合いたい、家にいて欲しいと望む人が多数だと思われます。

探偵や興信所は聞き込み、監視カメラでの確認などで調査してくれます。

探偵は税金で動いているのではなく、個人の依頼により調査を行なってくれるために調査が疎かになる事はありません。

探偵や興信所が行なってくれるのは、居場所のつき止め調査対象の保護くらいです。

説得をして帰宅をするか否かは家族と調査対象の間で決められます。

大切な家族の行方を安否する人ならば、利用をするべきサービスです。

居場所が分かり、生存しているのが分かるだけでもほっとできるはずです。


もう一度会いたいと思う人を探す

あの時出会った人にもう一度会いたいと思った時には、まずその人との関わりが深かった人に尋ねるのが早道です。
人探しの上で、その人を探すための正当な理由がない限りは警察や探偵を頼ることはできません。
一方、会いたい人に会うために関わりの深かった人へのアプローチに際しても、慎重に話を進めることが大切で十分なコミュニケーションを取った後に会いたい理由や想いを伝えて理解を得なくてはなりません。

こうしたコミュニケーションの輪を伝っていくことにより、手がかりをたどっていくことで再会を果たすことが出来るわけですが、一番重要なのは当人に会う気持ちがあるかどうかというところにあります。
せっかく本人に行き着いても会ってくれない可能性も多分にあるわけで、そうした対応についても自身の心の準備や覚悟をもって臨まなければなりません。

アプローチの手段は、インターネットが普及している今はSNSという便利なネットワークがあります。
自分で知っている限りの手がかりを探すことは大切ですが、大事なのはむやみに個人情報を流布しないことです。
後々火消しするのは不可能になりますし、必要最低限のアプローチに留めることがSNSで探すことの注意点になります。
運がよければ大手のSNSで本人に行き当たることもよくあることなので、一番手軽で身近な方法と言えます。

運良く再会を果たし、自身の目的を達成することができたなら、協力してくれた人たちへの感謝はもちろんのこと、会ってくれた本人への感謝の念を忘れないでください。