離婚歴のある人に対する探偵調査の重要性

親の助言もあって、バツイチの彼氏と結婚する際に、興信所を利用したことがあります。やっぱり離婚歴のある人の場合ですと、探偵事務所や興信所にお願いして、素行調査をおこなってもらう人が多いようですね。

とくに親御さんの要望にておこなう人も多いとも聞きました。まあ、自分のカワイイ子どもが、素性も知らない人と結婚をしてしまうことを考えたら、多少お金がかかっても、 興信所に調査をお願いするのもわかる気がします。現にうちの両親も、私にバツがついてしまう前に、念のためにの気持ちもあって依頼をおこなったのですから。

いくら相手から離婚歴を伝えられていたとはいえ、相手の離婚相手からではなく、彼氏を通しての話ですから、まあたいてい自分にとって都合の悪いことは言わないですよね。自分フィルターを通して、とことんポジティブに伝えていることだってあるのです。

ですからこそ、離婚歴のある人に対してはとくに、親御さんの方から動いて、興信所ないし探偵事務所に素性の調査をおこなってもらうのも、大いにわかる気がします。

そして実際に私の場合は、離婚した理由は、奥さんの浮気や性格の不一致などではなくて、なんのことはない彼氏が同じ会社の後輩と浮気をして、そしてバレて離婚となったということでした。しかも、会社の後輩のみその会社を退社となっているということも…。もうね、本当に結婚する前で良かったと思いました。結納する前でもなく、親に彼氏との結婚の話を言った時点で動いてくれたうちの親にも感謝です。

探偵が行う浮気調査の目的と内容

探偵は、秘密を調べて明らかにするという事を業務としています。ただし、警察とは違うので、無断での家宅捜索や逮捕等は出来ません。尾行や聞き込み等の専門的な技術を用いて、証拠を収集していくという事が基本的な内容です。また、入手した情報についての管理が義務付けられており、2007年には探偵業法も施行されています。

探偵に依頼する調査として広く知られているのが浮気調査です。恋人を対象としている場合は事実を明らかにする事が目的ですが、配偶者を対象としている場合は不倫関係の有無が重要となります。この場合には、後の裁判で有利な状況となるための証拠の収集が最優先されます。

法律上では、不倫は不貞行為とされています。夫婦は共に相手に対しての貞操義務を背負っており、これに違反する行為の事です。具体的には、夫婦以外の第3者との性交の事を指します。このために、探偵による調査では性交の証拠を取得する事が目的となります。

いくら親密にしていても不貞行為とはならないので、メールでのやり取りや他の人も交えたカラオケ等は証拠にはなりません。また、2人きりで食事をしている現場も、不貞行為を示す決定的な証拠とは言えません。

しかも、性交は通常室内で行われる行為であり、その現場を撮影する事は非常に困難です。そこで、ホテルに入る瞬間や相手宅への出入り等の間接的な証拠を収集する事になります。

これらは、ハイレベルなテクニックを用いて行われており、一般人が真似の出来る様なものではありません。

【厳選】本当に信頼できる興信所はここ!



最大手で主要とし14箇所の探偵事務所といえば、原一探偵事務所
>>原一探偵事務所での無料相談はこちら<<

1時間6000円〜不倫・浮気調査に強いと評判の興信所といえばHAL探偵
>>HAL探偵事務所の無料相談はこちら<<

コメントなし

返事を書く

答えを半角数字で入力してください * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.