縁談には興信所つけた方が良い!|困ったときは探偵事務所にお世話になろう

縁談には興信所つけた方が良いです。

お見合いで結婚相手探しをしてます時に仲人が、頼みに来た人には全員興信所をつけると言われて興信所つけられた事があります。

仲人の立場からしましたら紹介する身として立場上 興信所つけておいたら後々のトラブルが防げて安心みたいです。興信所をつける事により既婚者を紹介したりする様な事は無いと言われてました。

結婚とは、家と家同士のご縁とも言いますので 本人同士が良ければ良いと言うものではありません。

相手の勤務先や年収が 本当に相手の言う通りかを確認する為にも相手が独身かどうかを知る為にも興信所をつけた方が安心です。

費用的には、思ってたより リーズナブルでした。

いくら個人保護とか プライバシー保護とか言われる時代でも興信所は、必要な存在と思います。

名門私学も 家庭環境を調査して合否を決める学校もあると聞いた事があります。
家庭環境を重視するからか粒の揃った生徒が多いのも 興信所をつけてるからだと思います。

就職にしましても 職種によっては、家庭環境等を調査する為に興信所をつけるケースもあると聞いた事があります。昔は、就職には興信所が調べに来るのが当たり前だった時代もあったぐらいです。

興信所は、本人には知られずに調査します。
いつの間にか知らない間に興信所が来てたと言う感じです。
かなり正確に調査されてましたので 縁談には必ず後々のトラブル防止にも興信所をつけた方が良いです。
興信所つけた方が、周りも安心して祝福して下さると思います。

困ったときは探偵事務所にお世話になろう

探偵事務所のお世話になったことはないですが、実は学生の就職活動のとき、就職先としてちょっとだけ興味があって調べたことがあります。当時(20年くらい前)は、探偵事務所の仕事といえば浮気調査とか家出人を探すとか結婚前の身元調査あたりが多かったと思いますが、今は探偵事務所の仕事内容も多岐に渡るようです。

例えば、いたずらや嫌がらせの調査。知人や隣人などとのトラブルに巻き込まれて、何らかの嫌がらせを受けているにも関わらず、警察などが動いてくれない場合は、探偵事務所の出番です。嫌がらせ現場を撮影して証拠を集めてくれます。

また近年増えているのが盗聴、盗撮などの被害で、これも被害にあっている人が直接動くのは怖いですし、何かトラブルになっても困りますので探偵事務所への依頼が多いのもうなづけます。

さらにエスカレートして、相手がストーカーになってしまったら、もう素人が何かできる状況ではありませんので、プロに任せたほうがいいです。現場を撮影したり、ストーカーを特定して、監視調査をしてもらうだけでも事件への抑制力になるのではないでしょうか。数々のストーカー事件のニュースを見ても分かるように、事件性がないと警察は動いてくれません。何かあってからでは遅いのに、何か起こらないとなかなか動けないのが現状です。

であるならば、何かトラブルに巻き込まれたときには、自分や家族の身を守るために探偵事務所にサポートしてもらうことを選択肢に入れておくべき時代なのかもしれません。