探偵事務所は浮気調査からストーカー対策まで依頼できます

探偵事務所は浮気調査からストーカー対策まで依頼できます

探偵事務所と興信所の違いは一体何?と疑問に感じている方も多々いらっしゃいますが、興信所は個人信用調査、雇用調査、企業信用調査、市場調査などを引き受けていました。

探偵事務所は行動調査、失踪人調査、結婚前調査、犯罪調査、そして浮気調査がメインでした。

ですが現在では興信所・探偵事務所という区分けはあまりなく、興信所も探偵と同じような調査を引き受けています。

●探偵事務所の主な仕事
よく知られているのは浮気調査ですが、そのほかにも素行調査、失踪人調査(家出人捜査)などを引き受けています。

依頼数ですが、一番依頼数が多いのはやはり浮気調査で、どこの事務所でも経営の要となる依頼ですので、重点的に依頼を受けています。

なぜかというと、浮気調査は調査対象者を確実に尾行するために、二人一組で調査にあたるのが一般的ですので、調査料金も2倍かかってくるからです。

浮気調査の料金は平均で2万~2万5千円程度かかってきますので、1週間対象者の帰宅時だけ尾行したとしても、かなりの料金がかかってきますので、それだけに確実に尾行を成功させる必要があります。

失踪人や結婚前調査は探偵ひとりでもできる仕事ですが、他にもチームワークが重要になる業務が、最近ニュースにもなることが多いストーカー対策業務です。

ストーカー対策は個人でもなかなか対応や対策が立てられず、長引けばより大変な事態になることも予測できます。

ストーカー対策は依頼人と探偵が協力し盗聴器や嫌がらせをしている映像などを押さえ、犯人を特定し依頼人からの申し出があれば、依頼人とストーカーの話し合いの現場に同行したり、警察に被害届を出せる証拠や警察に提出できる書類を作成します。

夫が浮気をしている確証を掴みたいときは興信所へ

昔は休日のたびに家族サービスを欠かさなかった夫が、今では休日になるとほとんど一人で外出するようになり、寂しい思いをしている奥さんもいるかも知れませんね。

ゴルフや接待だと言われると、何も言えなくなってしまうでしょうが、本当にそれが理由で出かけているかどうかはわからないので、もしかしたら浮気をしている可能性もあります。

しかしまさか夫が出かけるたびに、あとをつけまわすわけにはいかないので、どうすればはっきりとした確証が掴めるかと悩んでいる奥さんもあるでしょうね。

下手に問い詰めても、相手が尻尾を出さなければどうしようもないので、そんなときには思い切って興信所に依頼するようにしてください。

興信所には浮気調査を長年行ってきた精鋭がそろっているので、依頼を受けるとただちに調査を行い、夫が浮気しているかどうかの判断を下してくれます。

それで本当に浮気をしていなければ、またこれまで通りの家庭生活を続けていくことが出来ますし、浮気をしていれば、慰謝料請求などの次の行動に移ることが出来ます。

何もしないままでいると、浮気相手が妊娠して、夫に離婚を迫ったり、将来、遺産で揉める危険性もあるので、あとで後悔することになるでしょう。
しかしそうなる前に興信所に依頼し、浮気の証拠を掴んでおけば、色んな手を打つことが出来るようになるので、決して損になることはありません。

もし離婚になった場合も、裁判で有利に立つことが出来るので、夫が浮気しているかも知れないと感じたら、早めに探偵を雇うようにしましょう。