興信所を使って不倫を調査してみた経験談です!興信所に依頼して、大切な伴侶の身の潔白を証明する。

探偵を雇うって言うより、興信所雇うって言うほうが、聞こえがいいのは私だけでしょうか?

何年も前の話になりますが、私が興信所を雇うきっかけになったのは、夫の不倫疑惑でした。私が一人目を妊娠したころから、夫の行動が怪しいと思うようになりました。帰宅時間が遅くなり、休日出勤も増え、明らかに怪しかったのです。

私自身が調べられたらよかったのですが、子供も小さかったため、興信所にお願いすることにしました。
夫は結婚する前から、携帯のロックはつねにかけていて、鞄の中身も特に怪しいものはありませんでした。

外で何かしているんじゃないか、ととても不安になり、いてもたってもいられなくなり、興信所を探しました。最寄り駅に興信所があることを知り、子供を連れていきました。本当に緊張したのを覚えています。

足ががくがく震えてしまい、言葉もうまくでてこなかったのですが、女性のかたがとても親切にしてくださり、イメージしていた興信所とはまったく違いました。

興信所の方に、不満をぶちまけると、なんだかすっきりしてしまったのですが、夫の不倫疑惑をはっきりさせたかったのでお願いしました。

結果は白でした。本当に仕事に一生懸命で、ものすごく申し訳ない気持ちでいっぱいになりましたが、興信所にお願いしてよかったと思いました。

まぁ、キャバクラなどには言ってたみたいですが、不倫じゃないので目をつぶりました。

男女の性から起こる浮気や不倫と興信所の利用

興信所を利用したという話はインターネットのみならず、一般家庭でも聞くことがあります。その中でも浮気や不倫調査などで使うことが多く、いわゆる昼ドラのような事件が起きたということもまれにあります。

特によく耳にするのは、ご主人が仕事や出張の際に奥さんが他の男性を自宅に連れ込んだり、ラブホテルやシティホテルなど密閉された空間へ入って行ったということをよく耳にします。

全国的にどうかわかりませんが、浮気と聞くと男性の方が多いように思われますが、女性も少なくありません。

しかし、男性にも絶えずあるそうです。最近は既婚者の男性がホステスの仕事をしている人と俗にいう枕営業としてラブホテルに入ったという事件が起き、枕営業は果たして浮気なのかどうなのかということで一部で話題となりました。

興信所の利用は時間制のことが多いため、長時間張り込みをする依頼をするとお金がかかります。

なので、確実に怪しいと思った場合、その日を事前に「出張」や「同窓会」などと偽って家を空け、決定写真がその時に必ず撮れるようにしていることが多いそうです。その写真を用いて、離婚や慰謝料請求時の証拠品として用いることが多いです。浮気や不倫をしてしまった方も動かぬ証拠があると否定を続けることはできません。

またかかった費用は領収証などを保存しておき、離婚調停の際に請求できる場合が多いそうです。


興信所に依頼して、大切な伴侶の身の潔白を証明する。

いま、現代社会に生活している人々のすべてが、自分の伴侶を疑っているなんてことはないのですが、中にはちょっと気にかかる節もある、というのが多いのではないでしょうか。たとえば、最近やけに帰りが遅いとか、休みなのに出歩くとか、携帯電話の履歴を隠すとか。もしかしたら、浮気、そう思うときもあるでしょう。

いやいや、うちの人に限ってそんなことはない、それでも割り切れないものでして。そういう疑問はなかなか晴れることはありませんよね。ことあるごとに思い出してしまい、気持ちはますます暗くなる。これは精神的のよくありません。第一、自分が生涯連れ添おうと決意した人ですから、たとえ些細な疑問でも野放しにはできないものですね。

この問題を解決するには、ご主人の身の潔白を証明する必要があります。でも、これはなかなか大変なことで、素人にはできない仕事です。だからこそ、ここで探偵事務所ですとか興信所というものが世の中に存在しているのですね。探偵や興信所というものは、なにも推理小説やドラマだけの職業ではないのですから。

探偵事務所や興信所というのは、よく目にしたり耳にしたりしますね。その特徴は、大半が浮気調査などの素行調査となっています。何も凶悪犯罪に立ち向かう勇敢なる名探偵というわけではないのです。ただし、調査にかけては名探偵顔負けの良い仕事をしています。まあ、それが商売なのですからね。

やっぱりこうした探偵事務所や興信所のいいところは、確かな証拠をつかみ取るという業に限るんですね。やっぱり訓練されていますから、我々素人の比ではありません。ほんの小さな手がかりから大きな証拠を持ってきてくれます。今はこうした探偵などを育成するスクールなどもあります。そこで訓練された探偵なり調査員が調査にあたってくれるのです。

ところで浮気調査のことですが、不信感をそのままにしておけば、これから先、長い時間が過ぎていくにしたがって、自分の伴侶のことが信用できなくなってしまうこともあります。もう、こうなっては夫婦の関係もこわれてしまいますね。だからこそ、相手の身の潔白を証明する意味でも、探偵事務所なり興信所ナなりを利用するのも、賢明な判断だと言えるのではないでしょうか。

最終的には、自分で判断することが望ましいですが。