「あの時興信所にお願いして良かった」アラサーの良い友人が騙されてしまった経験談

高校時代からのアラサーの友達は、とっても人の面倒見が良くて姉御肌タイプでお人好しなため、それを利用されてしまうのか時々男性に騙されて来ました。

今は当たり前のように利用しているSNSサイトですが、その友達も気楽に登録をしました。男女問わず数人の友達が出来たと嬉しそうに話していて、その中の1人の男性とすごく気が合ったそうです。

数ヵ月はサイト上だけのやり取りをしていましたが、だんだんLINEをするようになって、距離もかなり近付いて行ったようです。友達もその男性も独身で、お互い恋人らしき人も居ないので徐々に恋愛感情に変わって行ったようです。

そうなって来ると、会いたいと言う気持ちになって、どこに住んでいるのかと言う話になり、何と30分も離れていない場所にお互いの家があることが分かりました。

そして、サイトに登録してから半年が経った頃にようやく会うことになったそうです。普段からLINEで色々な日常のことや趣味や悩み等を話していたので、違和感は全くなかったそうです。

それからお付き合いが始まったのですが、彼は夜勤の仕事をしていたので、上手く会える時間が作れなかったみたいです。月に3回会えれば良い方で、彼が仕事をしている時は友達は寝ていて、電話もタイミングが会わなくてほとんどLINEだけだったと話してくれました。

会ってもたった数時間で、一緒にご飯を食べに行けなくて旅行を提案しても、無理だといつも言われてしまって、何かせっかく会えて付き合っているのにこれなら会わない方が良かったと愚痴をこぼしていました。

そんなことをしているうちに2年も経ってしまって、友達はもともと結婚願望が強かったので、その彼との結婚を考えていたそうです。それとなく話を振って見ても、全く結婚については語らなかったみたいで、その時は話は流れて行ったようです。

友達もだんだんあせりと嫌気がさして来て、ついに、結婚をしないなら今すぐに別れてと切り出したそうです。すると彼は結婚をする気持ちはあるけど、今はまだ出来ないと言ったみたいです。

その話を聞いた別の友人が、何か怪しい人かも知れないから1度興信所とかで調べた方が良いとアドバイスをくれたそうです。結局調べてもらったら、既婚者で子供がいた見たいで友達はかなりショックを受けていました。

もう、SNSへは2度と登録しないと堅く誓って、あの時興信所にお願いして良かったと話していました。