トラブル多発!?興信所での、浮気調査の依頼やトラブルについて

“興信所では、浮気調査のときは、尾行や張り込みを行います。

対象者の浮気の頻度によって、いつ証拠をつかめるかはわかりません。調査期間が長引くと、その分調査費用が高くなっていきます。証拠は、1日で証拠がつかめる場合と、数日から1ヶ月以上かかる場合もあり、人それぞれです。調査期間を決めるのも難しくなります。数日張り込んでも、必ず証拠をつかめるとは限りません。

浮気の調査は、2人体制で行うことが多いです。一人では、失敗しやすいこともあり、複数で行います。調査員の料金は、一人につき1時間当たりの金額を提示する興信所が多く、2人の場合は×2で計算されるので、注意が必要です。証拠は、写真やビデオで撮影され、報告書により結果を知らせてもらえます。尾行では、車を使って張り込みをする場合、車代も料金に加算されます。1日ごとの計算になります。

もし、調査する前から分かっている情報があれば、調査が進みやすく短期間で証拠をつかめる可能性が高くなります。浮気をしていそうな大体の時間や、曜日、浮気相手の情報などです。興信所も、失敗が少なくなり調査がしやすく、依頼者の負担も少なくなります。

興信所を使用すると、金額が高くなる分、料金に対してのトラブルが起きやすくなります。どこにどれくらいのお金がかかるのか、前もって話をしておくことが大切です。興信所や探偵によって得意、不得意なことが違ってきます。高い金額のところが上手だとは限りません。

しかし、安いところは慣れていなくてバレてしまったり、証拠がなかなかつかめず長期化したりする恐れもあります。長期化するとその分金額が高くなるので、どこの興信所に頼むかによって大きく違ってきます。

興信所は、全国どこでも調べますという言葉をよく耳にします。しかし、依頼した興信所よりも遠くの場所で調査する場合は、料金が違ってきます。その場所に行くまでの交通費であったり、別の興信所が間に入ったりするからです。
興信所によってレベルがあります。よく調べてから依頼することが大切です。