新婚当初に心の浮気をしていた罪な私の体験談

私の実体験からお話します。

当時、結婚して半年ぐらいしてから、ある会社の臨時職員で採用されて事務員として働き始めました。

24歳で新婚ということもあり、周りの女子は独身の方も多かったので、”新婚さんだって!”とか”主婦だって~”などと職員さんたちにも珍しがられ、なかなかの人気者になりました。

それから少したって、同じフロアにいる、ちょっとイケメン(真田広之似の)30歳ぐらいの独身男性が気になり始めて、職場の先輩女子に「あの人カッコイイですね~!私タイプです!」と告白し、キャピキャピしながら何となく楽しい毎日を過ごしていました。

自分は結婚しているけれど、彼は独身で・・まあ、勝手にカッコいいと思っている分にはいいかなあ・・という感じで・・・徐々に好きという気持ちが高ぶっていきました。 

先輩女子も、彼が私のそばに来るとニヤニヤしたりして、私も好きということがバレないようにと必死でした。

でも、こちらにその気があると、何となく態度に出ちゃうんですね・・彼は私の隣に来て仕事の事などを話すようになってきたんです。私も嬉しくて、ドキドキしながら話してました。

そして、バレンタインデ-が来ました。私は、旦那様がいながら、その職場の彼に”本命チョコ”をあげました。中には、「好きです!」とメッセ-ジカードに思いをつづってしまいました。

そのあとは、何事もなかったかのように、今までと同じく時々そばに来て仕事の話をしたりして過ごしていました。

ホワイトデ-になり、彼は東京の高級スウィ-ツ店でとても美味しいチョコを買って、私にお返しとしてくれました。そのとき特にメッセ-ジはなく、私は、自分は独身でもないのに、変な期待をしてしまったなあ・・と少し反省し、彼が大人で良かった・・・とホッとしていました。

その年の夏、職場の暑気払いがありました。職場の飲み会って、なんとなく面倒なんですよね・・。でも、私には好きな彼がいたので、同じ場所でお酒を飲めるのが嬉しくて楽しくて仕方がありませんでした。

飲み会の後で、先輩女子が気を利かせて、彼に一緒に帰ろうと声をかけてくれて、3人で一緒に駅に向かって歩いて帰ることになりました。

いろいろ話しながら歩いていると、変な酔っぱらいのおじさんが私に絡んできました。嫌だなあ・・と思っていたら、彼が私を抱え込むように後ろから抱きついて、「こうすればいいだろ!」と言って、酔っぱらいから守ってくれました。もちろん、酔っぱらいおじさんは、「なんだ、彼氏いたのか・・」と一言残して行ってしまいました。私はとても嬉しくドキドキしていました。

その後、先輩女子は帰る方向が違ったので、「じゃあね!また明日~」とにやけながら行ってしまい、私は彼と2人きりでバスを待つことになり、少し気まずい雰囲気というか・・本当は嬉しかったのですが、複雑な気持ちでバスを待ちました。

”キスでもしてくれないかな・・”なんて、浮気ごごろが出てきて大変でした。でも、彼はやはり大人でしたね。それ以上のことは何もなく、ただ楽しい話をしながら、幸せな待ち時間を過ごしました。

それから、彼とはメ-ルのやりとりをしたりもしていましたが、特別なこともなくただ仲のいい職場仲間として2年過ごし、徐々に私の彼への気持ちも落ち着いていきました。

今思えば、本当に彼が大人の男性で助かりました。彼がその気だったら・・・私は感情のままにどうなっていたのか・・・何をしていたかわかりません。結婚して旦那様がいながら、職場に来たらその彼の事ばかり考えていたのですから・・・

その後、臨時職員としての勤務期間が終わり退職してから、私は主人の実家に入り、2人の子供にも恵まれ、今の幸せな家庭があります。

今の生活が送れるのは、あの時の彼が、私に何もしてこなかったから・・ まあ、私の事を好きでもなんでもなかったのかな・・とも思いますが、私自身は心の浮気をしていたわけですから、本当に彼には感謝しなければな・・・と思う、今日この頃です。