自分の妹が突然失踪し、様々な覚悟の日々。

15年以上前の話ですが、当時まだ18歳だった妹が突然失踪しました。

既に子供が一人おり、赤ちゃんだった子供を母に預けたまま帰ってきませんでした。

誘拐や事件に巻き込まれたのではないかと家出人の届けを警察に出し、思い当たる場所にも行き、探し歩きましたが、妹の友人も旦那も誰も妹の行き先がわからず、まさか自分の家族がこんなことになるとは思いもよらず、かなりの衝撃でした。

母もあまり体が丈夫ではなかったので、仕事の合間を縫って、私も妹の子供の面倒をみたり、予防接種に連れて行ったりしていましたが、1ヵ月、2ヵ月経っても連絡はなく、子供の将来の事を考えて、妹の旦那か、母か私が子供を育てていく事も考え始めていました。

そんなある日、何も事情を知らない叔母の所に行ったことがわかりました。
叔母は事情を知らなかったので、最近の事などを話しただけだったそうですが、どこかの託児所で働いているらしいということがわかりましたが、その後も連絡はありませんでした。

妹の旦那も子供に会いに来ることがなかったので、夫婦の間で何かあったのではないかと私の方から連絡し、何度か話を聞いていました。

最後に連絡を取った時に、本当に居場所を知らないのか疑問に思い問い詰めたところ、電話を切られてしまい、直感ですが、何か知っているように感じました。
何かの事件にでも巻き込まれてしまったのかと心配していた矢先に、祖父母が留守の間に誰かが来ていたようだと連絡が入りました。
最初は泥棒でも入ったのかと思いましたが、何も盗られたり荒らされたりしていなかったようで、妹ではないかとすぐに周辺を探しに行きました。
その時は、妹を見つけられませんでしたが、後から妹と旦那が祖父母宅で話をしていたということがわかりました。

私たち家族は何も知らず、妹や旦那が一体何を考えて、子供がいるにもかかわらず何をしているんだろうかと憤りを感じるばかりでしたが、まず何よりも妹が生きているんだということには安堵しました。
妹が失踪してしまってから、半年くらい経っていたので、帰って来られない事情があるのか、帰りづらいのか、帰ってくるつもりがないのか全くわからず、何回も家族で話し合いをしました。
そんな中、妹が帰って来ないなら家を借りているのももったいないからと、旦那が指揮を取り妹の写真や服など私物を全て処分してしまいました。
益々どうなるのか見えなくなってしまった時、母に警察から連絡が入り、妹が保護された事がわかりました。

妹の話では、旦那は妹の居場所を最初から知っていたようで、離婚に向けて話し合いをしていたそうです。
旦那が私たち家族に何も話さなかったのは、ギャンブルや風俗に生活費を使っていたことが理由だったようでした。
ただ、子供を置いて出て行ってしまって、保護された時には、別の男性との子供を妊娠していたので、情けないとしか言いようがありませんでしたが、生きて帰ってきてくれたことには心から感謝しました。

未だに、事件などに巻き込まれなくてよかったと思います。
子供がいても、まだ18歳でしたので、自分では家族が警察に届けたり、大きな騒動になっているとは思ってもいなかったようですが、半年以上帰って来なかったので、一時は死んでいるかもしれないことを覚悟していました。
色々なところを探しましたが、私たちが思い当たる場所とは全く違う、何の縁もない場所で生活をしていたようで、同じ兄妹でもわからないことが多いものなんだなと寂しくも感じました。
失踪や捜索願いなど、他人事のように思っていましたが、実際に自分の妹が失踪し、こんなにも家族は生きた心地がしない毎日を送り、様々な覚悟をしなくてはいけないものなんだなと実感した出来事でした。