浮気をされても相手に依存して許すことは果たして最善策なのか

以前まで付き合っていた彼氏は、かなりの浮気性でした。私に黙って私以外に3人程の女性と関係を持っていました。その中には妊娠をして中絶をさせられた女性もいるという噂もあります。

とても最低な男だと今では冷静に思えます。後から聞いた話ですが私と付き合う前に結婚していたということだったので既に私との関係が不倫状態でした。当時元カレは私のことが大切で一番と言い張っていたので、浮気が発覚した時も怒りに狂いましたが最終的にはいつも許してしまいました。証拠を見つけてしまうというのはとても怖いことでしたが、少しでも怪しいと思ったらすぐに携帯を盗み見していました。

何も出なかったことなんて一度も無かったのが悲しいです。また証拠を突きつけて、これは一体何?っと聞くと開き直り逆上するような性格でもあったのでどうしようもない人間なんだなと感じました。それでも一緒に居たいと思ってしまう自分はもっと愚かで情けなかったです。

今となって自分のなかでそういった行動は依存が原因だろうという結論に至りました。何故ならば別れてしまえれば、あんな最低な人と別れることが出来て良かったとすぐ気持ちを切り替えれたからです。すぐ気持ちを切り替えることができたということは浮気をされていた当時だって彼が最低な人間だと分かっていたということです。
最近テレビ業界でも不倫や二股などの問題がニュースでよく流れていますが、浮気された女性はただただ彼氏に依存しているようにしか見えません。この人が自分から離れてしまうと他にこんなにも愛してくれるひとは居るのだろうかと考えてしまうのではないでしょうか。

必ず自分に合った素敵な男性がいます。というよりも女性を傷つける男性は自分よりも深く相手を愛していないのが正解です。しかし誰かに愛してもらわなければ生きていけないような人間は、誰からも心から愛されないし誰も心から愛せないとも思います。

依存してしまうのは自分のことを信じていないからです。自分の性格や生き方、人生を誇りに思えて居ないからです。誇りに思えたときに、浮気や不倫をしてしまうような男性を自ら察知して自分の人生から排除できるのではないでしょうか。

男性はみんな浮気をするという風に思ってしまいがちですが、最近は女性の方が浮気、不倫をしているということもよく耳にします。浮気や不倫が一概に悪ということもできないけど、愛する人が嫌うことはしないでもいいと思います。

今付き合っている彼氏はいつも私に浮気をしてもいいよと言ってきます。そう言われてやったーとガッツポーズする人もいるかもしれませんが私は自分が浮気をしたいからなんじゃないか、私のことを愛していないからそんなことが言えるのではないかと疑ってしまっていました。

彼氏より私が大分年下ということもあって、そんな若いのに自由に遊べないなんて可哀想、もっと外に出て可愛いと言われてくればいいと言っていました。

彼氏的には浮気をして私が楽しければそれでいいというような感覚のようです。それはそれで頭の構造がどうなっているのか不思議ですが、確かに浮気しないでっと強く言われると何かに縛られているような気もするけれど浮気をしてもいいと言われると意地でもしたくなくなるのです。

それを分かっていて浮気をしてもいいと言っているかな?という気もしています。

一歩先を行った彼氏ですから万が一彼が浮気をしても私には分からないようにするだろうし、笑って許されるのが辛いから私が浮気をすることもないだろうし、一先ず平和な毎日を過ごしています。

そして自分に自信をつけるために自分磨きをするようにしています。

浮気をするような人を排除するというのは勿論のこと、自分を磨いて浮気されないような魅力的な人間になるのが一番の解決策になるような気がします。