興信所での浮気調査の相談や進め方について。費用が高くなるからこそ、信頼できる興信所を見つけたいものです。

興信所は、調べてみるとたくさんあってどこがいいのか迷ってしまいます。

費用が高くなるからこそ、信頼できる興信所を見つけたいものです。弁護士事務所から厚い信頼を受けている指定調査機関と言われている興信所は、安心感を持つことができます。金額が安いだけで興信所を選んでしまうと、思うような結果が出ない場合や、時間がかかって金額が高くなることもあります。

興信所には、お願いできる調査がたくさんあります。浮気調査、素行調査、人探し行方調査、盗聴盗撮発見調査、信用調査、婚前結婚調査、ストーカー被害調査、企業調査、社内調査、相続調査、特殊調査などです。調査の中で一番依頼が多いのは、浮気調査になります。浮気調査は調査にかかる時間や日数によって、調査費用が大幅に変わってきます。

浮気調査は、配偶者や恋人が浮気しているかもしれないという、不安な気持ちから相手の行動を知りたくなり、相談や調査に興信所を訪れることから始まります。あらかじめ、浮気している時間帯や相手の情報がわかっていれば調査は進みやすくなります。しかし、浮気はいつしているのか全く見当がつかない場合は、調査期間が長くなり費用は高くなっていきます。
浮気調査の結果によって、浮気の事実を知るだけでなく、離婚を考えている方には現場の証拠を押さえておくことが必要になります。慰謝料や親権、財産分与にも有利になってくるからです。

調査の流れは、まず興信所に相談の予約をします。興信所によっては、全国どこからでも24時間受付してくれるところがあります。受付は、電話やメールなど自分に合った方法を選ぶことができます。

相談は、専門の方が相談にのってくれます。興信所の事務所以外に、人の目が気にならないように自宅や、好きな場所を指定することができます。相談日までに、自分が不安に思っていることや内容をまとめておくと便利です。調査内容や予算は、相談時に話し合っておきます。

調査内容に納得ができた場合に、調査の申し込みを行います。口約束ではなく、調査委任契約書を作成していきます。契約事項や重要事項の内容をきちんと説明してもらい理解します。興信所に誓約書を提出し、調査開始になります。

調査が進みやすいように、調査の情報になるものは提供します。少しでも、早く証拠をつかむためです。調査費用は、張り込みなどの1時間当たりの価格で計算されていきます。調査が長引くと、費用もかさんできます。調査には、車で尾行を行う場合には、車両代も費用として加算されます。調査場所から遠い興信所に依頼をすると交通費がかかります。全国の興信所に依頼できますが、最寄りの興信所を選ぶことも検討します。

調査の進行状況や経過は、要望に応じて中間報告してもらえます。調査期間中も新しい情報が入れば、情報交換することで調査が進みやすくなります。

証拠をつかみ、調査が完了すると調査報告書を作成して書面で報告をもらうことになります。調査報告書には、証拠の写真やDVDなどが付いています。

しかし、調査期間中に浮気をしなかった場合や、実際に浮気をしていなかった場合など、思うような結果が出ない場合があります。調査を続けるとその分費用はかさんできます。必ず、成功するとは限りません。尾行を失敗しないためにも、調査は2人態勢で行われる興信所が多くあります。

興信所によって、得意分野や不得意分野があります。自分の調査したい内容が得意分野であるかは、調査を依頼する前に調べておくといい結果につながりやすくなります。

興信所へ依頼した内容は、外部へ漏れないように徹底されています。安心して調査をお願いすることができます。依頼内容や調査内容は、調査終了後に粉砕処分されます。興信所なので、情報管理はしっかり行われています。