一般的に悪いイメージしかない不倫や浮気は本当に悪いだけのものなのか

最近よく浮気や不倫についてニュースになることがあります。

どちらもとても悪いこと、というイメージが世間には定着していると思います。もちろん私も浮気や不倫が良いことだとは全く思っていません。しかし、浮気や不倫が起こってしまうことが全て悪いことだとは自分自身思えません。

それは自分の考えが、自分が好きになった人に彼女がいた場合でもきっぱり諦めることができず、どこかで奪ってやりたいという気持ちが芽生えるからです。

もちろん人のものを奪うという点で世間からみたらそれは悪いことなのかもしれません。きっと浮気をしている、不倫をしていると、周りに知られた時には自分には悪いイメージが付くでしょう。

しかし、一回きりの人生なのに自分の本当に好きな人を諦めてしまうなんてそっちの方が後悔すると思います。それなので、私は浮気が全て悪いとは思いません。自分が本当に好きだと思った人ならば、相手に彼女がいようがアタックするべきだと思います。

お互いがまだ結婚しておらず、彼氏彼女の状況ではあれば、何の問題もないと思っています。ですが、相手に彼女ではなく既に結婚していて奥さんがいる状況となるとまた話は変わってくるかもしれません。

もちろん、私は相手に奥さんがいようが、自分の本当に好きな人だったらアタックしてしまうかもしれません。でもそれは、相手と奥さんの間に子供がいなかった場合です。子供さえいなければ、これは3人の男女の問題として進んでいくだけです。ですが、ここに、子供がいた時の場合を考えてみます。

まず、私が相手と不倫をしてしまった場合、1番傷つけてしまうのは奥さんではなく子供だと思います。自分のお父さんは自分を捨て知らない女と不倫をした、という事実を知った時子供が傷つかないはずありません。

そんな事実を知った子供はきっと一生その事実を忘れることなく許すこともなく背負って生きていくでしょう。親の不倫によって道を外れて育ってしまう子供も出てくると思います。また、それを知ったことで親を信じることができない子供になってしまう可能性もあります。なんの罪もない子供を傷つけてまで不倫をしていいのか。良いわけがありません。

子供を傷つけてまで奪った相手と自分が幸せになれるとは思えないからです。それなので、相手に子供がいると分かれば私はその相手をきっぱりと諦めることができると思います。話は戻って、子供がいなかった時のことを考えてみます。

子供がいないのであれば、自分が相手の人と不倫をして、傷つくのはその相手の奥さんだと思います。しかし、相手の人はもう自分と不倫関係にあり、奥さんへの興味がない、という状態であったとき、きっと相手と奥さんが結婚状態にあってもそこには愛のない結婚状態という状況があるだけになります。

それならば、この不倫をきっかけに、相手の人と奥さんは別れるべきだと思います。不倫関係にしか愛がないのに結婚状態を続けたところで多分奥さんだけが苦しい状態が続くだけだと思うからです。別れてしまえば、3人はみな独身ということになり、奥さんもまた自分に本当に合ったパートナーを探すことができます。ここでも、子供がいた場合を考えればそんな簡単に別れることはできません。

子供がいてしまうと男と女の愛だけの問題ではなく、父親と母親としての責任という問題が生じてくるからです。ですが、ここでは、子供がいない場合の話なので、別れてしまえば、なんの問題もなく全員がまた新たな人生をスタートされることができます。

浮気や不倫によって新たなスタートを迎えられることもあるのだと思います。ですから、結論としては、子供さえいなければ、浮気も不倫も全てが悪いことではないのではないか、ということです。