東京探偵社AIが興信所の中で最もおすすめ出来る3つの理由

探偵を雇うだなんてまるでドラマの世界のよう、そう感じるのが一般的かもしれませんが、数多くの探偵事務所が存在するようにそれだけ需要もあるということなんですよね。

探偵事務所の利用は特に浮気調査などといったケースが多いようですが、こうなるといつどんな時に自分が必要とするかわかりませんよね。
もしかしたら人探しのように突然利用しないといけなくなることもあるかもしれません。

そこでそんな時に備えて少しでも探偵事務所の知識を持っておくとよいのではないでしょうか。今回は信頼度の高い「東京探偵社AI」をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

1.弁護士経営の探偵会社

一般的な探偵事務所を見てみますと、専任の弁護士と提携しているため調査後もスムーズに裁判などの手続きには入れるといったようなメリットが聞かれます。

しかし実際にはもちろん弁護士による素晴らしいサポート体制を敷いているところもありますが、たいがいは弁護士が経営責任まで追っているわけではない、つまり根本的なところから違いがあることをわかっていただけるでしょう。

その点東京探偵社AIは会社のトップが弁護士法人ALG&Associatesの代表弁護士。

これまでは探偵事務所が弁護士と提携という形でしたが、その逆で弁護士事務所が探偵社を経営するのは業界では新しい試みであるようですね。

ちなみに社長でもあり弁護士でもある金﨑浩之氏は別の名を”ヤンキー弁護士”とし、これまでに著書やテレビ出演も多くこなしている人物なんですよ。

2.業界最大級規模の調査体制

東京探偵社AIは東京に本部を置き、全国に全部で8つの拠点を抱えています。調査スタッフは全員正社員で、その中でも責任者ともなれば経験は15年というベテラン。

一般的な探偵事務所では調査員がアルバイトなんてこともよくありますから、正社員として専属でこの探偵社に在籍しているというのは大きなポイントです。

また大規模弁護士事務所のグループ企業であることからも50名以上の弁護士が在籍しており、いざ法律関係の分野に踏み入る時にも安心できますよね。

3.明確で業界最安値の料金設定

一般的な探偵事務所の料金設定で気をつけるべき点であるのが、まず最低稼働時間。
1〜2時間で終わってしまうような調査でも、この最低稼働時間(一般的に4時間)があることにより、いくらか損しているケースが多々あります。

これに加えて浮気調査などで張込みをしていたが結局証拠が取れなかった日、つまり空振り調査であっても料金が発生するため、依頼者側にとって最終的に「なぜこんなにも?」という印象が与えられやすくなっています。

その点東京探偵社AIでは最初の1時間は1時間単位その後は30分単位で、しかも実際に証拠を取るなど何らかの形で動いた時間だけを計算するため、依頼者側にとっても明確で納得しやすい設定になっていると言えるでしょう。

またよくある料金トラブルとして挙げられるのが追加料金や”諸経費”という言葉。
調査前の見積もりから大きく追加料金が加わって精算時にびっくりしたり、また”諸経費込み”という一見お得感がある言葉の裏にはまだ調査も始まっていないのにすでに交通費が請求されていたりと、ちょっとしたからくりがあったりするんですよね。

東京探偵社AIではこの点に関しても調査するたびに明細の提示がありますし、また手数料無料で解約することもできますから消費者の権利が守られているのも嬉しいことです。

このように東京探偵社AIの大きなポイントをまとめてみましたが、依頼者にとってやはり重要なのはちゃんとした結果が出ること、それに加えて料金設定に関して透明な点はかなり信頼度を高くしますよね。

東京探偵社AIは特に利用者の性別に関係なく、また年齢も30代〜60代と幅広く実績があります。

原則的に関東エリアを中心に調査をおなっていますが、全国に拠点を抱えている点は心強いことでしょう。電話でもメールでも24時間無料で対応してくれますので、まずは気軽に相談してみるのもありかもしれませんね。

弁護士が代表の探偵社AIはこちら