浮気をするのは男性の本能的な構造からです!

男性の浮気と女の浮気は、質が違います。
男性と女性の浮気の質の違いを理解しておれば男性が浮気をしても離婚せずに済みます。

まず男性の浮気ですが、男性の体の構造から見ても女性とは異なります。
男性の精子は、精液の中には億単位おり そのうち1つが卵子に受精します。かなりの高倍率な競争をします。卵子と受精できなかった精子は、死滅するしかありません。

ですので精子にとっては、生き残りたいと言う本能があり できるだけ精子を撒き散らそうと言うのが男性の本能です。男性の浮気には、家庭が円満に行ってれば浮気は浮気で割りきります。まだ結婚してない場合でも 彼が本気になってない浮気なら大丈夫です。

女性の浮気は、卵子が1つの精子しか受けれないです。その構造上 女性は、一人の男性に夢中になります。

風水学や易学でも男性の浮気は、本能的な物で むしろ女性の浮気の方が危険とする説もあります。

易学の説の中には、女性はが性交渉を持てば その相手の気が体内に入り その相手の余韻が残り相手が気になったり好きになりやすいです。女性が複数の男性と性交渉をすると色んな男性の気が入り女性の心身のバランスを崩しやすいです。女性の浮気は、危険です。

離婚をしやすい職業ランキングに医師が上位に入ってるのも易学や本能的な物から考えれば納得できます。
医師は、人様の命を救う為に瞬時戦いです。
その為 男らしい性格の人が多いです。
その為か 男性の本能も強く出て異性道楽の人もいます。男性の本能が強い人ほど たくさん精子を撒き散らそうとする習性が強いです。医師は多忙ですので家庭を顧みないだけに浮気を妻に理解されず離婚に至るケースも多いです。心身共に男性の本質が強く出る人が多いだけに医師は、浮気や離婚をされやすい職業です。職業がどんな職業であっても男性的な本質を持ってる人と交際や結婚する場合 男性の本能を理解しておかないとなりません。

男性の浮気とは、要するに心と体は別なのです。彼女や妻を愛していても浮気をする場合もあるのです。わかりやすく言いますと男性は、体内に精子を溜めておけない生き物です。一定期間以上精子を溜めておきますと心身共にバランスを崩す事もあり排出しないとなりません。時には、一人で排出する場合もあるでしょうが その時に偶然排出できそうな環境の時に浮気をしてしまうと言うケースめもあります。浮気をされた場合、男性の外食だと思う人もいます。
毎日妻の作るご飯を食べて たまには珍しい食事をしたいと外食をします。ですが、外食には外食の良さしか無くて結局妻の食事が恋しくなります。

浮気をされたからと言って冷静さを無くすのでなく冷静になって外食的な浮気なのかどうか見極めた方が良いです。

浮気も悩ましいですが、現代には浮気どころか恋や結婚をしない草食系男性が増えてるのも困ります。
現代の男性は、医学的にも精液の中に含まれる精子の数が昔に比べて激減してます。
精子の数が少ない男性は、性格的にも大人しいです。恋や結婚を避けたり浮気をしない傾向も強いです。

浮気をする男性も困りますが、浮気をする男性はお金儲けもハンター的にして昔の昭和の男性みたいな人が多いです。結婚を経済的にも一家の大黒柱として家族を守る男性も多いです。

浮気をしにくい草食系は、今時の割り勘主義者も多く結婚しても経済的価値観の違いから離婚されやすいです。

草食系男性が少なくなれば結婚する人も増えて少子化も解消できます。
草食系男性になるならないかは、食べ物にもよります。添加物をよく食べると精子の数が減ります。

優しい草食系男性か俺について来いタイプのどちらかの好みが分かれます。
浮気をする男らしい本質のある俺について来いタイプの男性の方が ある面妻次第で離婚をしにくいと思います。