風水学的から見た離婚に至らない秘訣をお話しましょう。

最近は、離婚する夫婦が多いです。
風水が大好きな私ですので風水的に見た離婚をお話して行きたいです。

離婚をする結婚には必ず因果関係があります。まず どういう出会いをしたかも離婚しやすいしにくいを左右します。

風水的に離婚のしにくい出会い方とは、釣り合いの取れた人とお見合い等で出会う事です。結婚とは、家と家同士の繋がりと言う事を意識してお相手探しをして親族全員に祝福される結婚なら離婚をする可能性は低いです。風水や易学の学説の中には結婚を反対されるのは、先祖が家と家同士の繋がりの相手として ふさわしくないから子孫の誰かに結婚を反対と言わせてると言う説もあります。
親族の誰かが反対するには、何らかの理由があるから反対するのです。だから親族の誰かが反対するなら止めた方が良い結婚で離婚する可能性も高い結婚です。

離婚率の高い結婚とは、子供ができたから結婚する できちゃった結婚です。
できちゃった結婚は、相手の事を あまりよく知らないうちに結婚となります。結婚してから合わない相手とわかり毎日が苦痛で性格や価値観の相違等で離婚に至るケースが多いです。

風水学的にも風水の流れに沿わないと結婚にしても何にしてもつぶれます。
風水では、自然の流れに沿わないと水に流れます。植物で言うなら土を耕して種を撒いて芽が出て植物が育ち花が咲いて実がなり新たな種子ができます。結婚において言うなら 男性は、住む家を構えて生活ができる基盤を作ってから結婚を考えてお嫁さん探さないとなりません。女性は、家を守る為の料理や家事等のスキルや人間的スキルを磨いてから嫁がないとなりません。自然界においても鳥の世界でも年頃の雄は、巣を作りお嫁さんを探します。鳥の世界では、恋人ができたら巣を見せてからプロポーズします。人間においても家を構えてからプロポーズするのが自然界の筋です。

現実に離婚をする夫婦は様々な理由があります。ですが最近多いのが 経済的な価値観の相違です。夫が生活費を渡さないとか家庭内で食べ物等の生活費を割り勘の生活をしてる等をしてると離婚しやすいです。

また風水学的になりますが男性の本来の本質をお話しますと昔からお父さんは 山へ芝刈り お母さんは 川で洗濯と言う様に男性は一家の大黒柱として家族や家庭を守り、女性は内助の功で家庭を守らないとなりません。

夫が家庭内で生活費を割り勘にする様なら男性の本質が備わっておらず所帯を持つ資格がありません。

結婚する前に交際中からデートの仕方から所帯を持つ資格のある男性がどうか見分けないとなりません。まずカフェ代等や デート代を割り勘にする男性は、結婚の対象に見ない方が良いです。割り勘主義の男性は、家庭内でも割り勘にする可能性高いですが子供が生まれても妻が働き続けないと夫婦生活が継続できません。子育てに追われても割り勘主義の夫の為に自分や子供の食べ物を買うために働くなんて いつか妻の怒りは爆発してしまい離婚に至ります。

妻は、妻で離婚に至らない努力をしないとなりません。
美味しい料理を愛情込めて作り夫の個性や才能を伸ばす良妻賢母にならないとなりません。夫の所得は、妻次第妻で この不景気な時代でも上がる事もあります。要は、あげまんになる努力をすると夫が出世したり所得が上がったりして円満に行き離婚に至りません。最近は、夫を萎縮するぐらいの言葉を言う妻もいて夫が精神的苦痛になり離婚になるケースも多発してます。

夫は、自分より妻に良い思いをさせてあげようと言う意識、妻は、自分より夫に良い思いをさせてあげようと言う意識を持てば離婚に至りません。お互いを労り合えば離婚をせずに夫婦円満な生活を送れます。
結婚する時には何が有っても この人と歩もうと言う相当の覚悟が必要です。