自分の見る目を信じたい、信用できない人との未来なんてない!

興信所とかって浮気の証拠を確実につかんで、離婚する時に裁判や調停で勝利するために奥さん側が依頼するパターンが多いっていうイメージがあります。

中途半端な気持ちで依頼をして証拠が取れるとパニックになってしまう人もちょっとはいるみたいなので、まずは依頼者の決意のほどをカウンセリングの時に何回も確認しなければならないということを聞いたことがあります。離婚をしっかりと意識していない、夫が浮気しているかもしれないからただただ寂しいという感じだと断られることがあるみたいです。詐欺がわりとあるみたいです。夫の浮気調査をして、奥さんが浮気調査していますよとご主人に伝えてご主人からも口止め料を取ったりする悪い探偵さんがいるみたいなので注意が必要です。ご主人の身分や年収とかが高い人ほど格好の餌食になるみたいです。

興信所などはお値段がお高いですが、公的な権利を履行して調べるのではないし、人の秘密を暴く大変なお仕事だからそれなりの高額な料金はしょうがないのかなぁと思います。探偵さんって年中無休だし昼夜関係ないし本当に大変なお仕事だなぁと思います。もしも最愛の人が裏で興信所などを利用して自分のことを調査していたら相手に不信感を抱いてしまい不信感しか残りません。その後もその相手と付き合っていくことができる自信がありません。

私は相手のことを調査しようと思ったことは今まで一度もありません。自分の見る目を信じたいのです。調査しなきゃいけないほど信用できない人とは未来なんて考えることはできないです。

調査に踏み切るなんてちょっと人間性を疑ってしまいますが、私には想像もつかないような人それぞれいろいろな事情があると思うから、やってはいけないことだとは思わないようにしています。世の中にはいろんな人がいるということを心に留めておきたいです。

当事者になってみれば苦しいんだと思います。私は調査されても全然構いません。やましいことは全然ないですし、過去の男性遍歴は悲しいくらいキレイなのです。知り合いが結婚の話になった時に家柄を相手の親御さんに調べられたそうです。もしも自分の旦那の親に私のことを調べられていたらって思うとゾッとしてしまいます。

だけど結婚って当人同士だけの問題ではないし、相手の親・親戚ももれなくついてくるし、その親戚の中におかしな人がいたら大変だとは思います。たとえ本人はよい人であっても、親・親戚がよい人かどうかはわからないし厄介な要素を持っている人がいるかどうかを調べたいって思うことはしょうがないことなのかなぁとも思います。

だけど興信所など人の手を借りないと相手を信頼できないっていうのはすごく問題だと思います。相手の親が私のことを調べたりする親なら、そのようなめんどくさい親と付き合っていくことは絶対にできないから私なら調べられたら冷めてしまって別れてしまうと思います。

しかし興信所や探偵事務所とかって個人情報に厳しい今のこのご時世にどのようにして個人情報を集めているんだろうと思います。戸籍は他人は閲覧できないのに本当に不思議です。

役所や銀行の人間が個人情報を漏らしているのかなぁ。なんだか怖いです。もしも自分が興信所などに依頼することがあるようになっても、その興信所が信頼できる興信所なのかということが気になってしまいそうです。便利屋さんが片手間にやっているような所は怪しそうだと思います。

興信所などを利用することはおそらくないとは思いますが、利用する時は事務所選びをしっかりやりたいです。考えてみたけれど、興信所などに頼みたいほどのことがありません。

世の中知らない方がいいことって多いと思うのです。