【不倫調査】真実を知るための興信所への調査から、証拠集めのための調査へ。依頼してよかった!

【不倫調査】真実を知るための興信所への調査から、証拠集めのための調査へ。依頼してよかった!

主人の様子がおかしいことに気が付き、「まさか」と浮気を疑って携帯電話をのぞいたところ、女性とのやりとりが出てきました。

ハートマークが入っていたりする怪しいもので、会う約束をしているものでした。クロと確定したわけではありませんでしたが、グレーであることは間違いがなく、とてもモヤモヤしたものがあり、気持ちが悪い日が続きました。

「出かけてくる」と言われるたびに、女性と会うのではないか、という疑惑が浮かび、具合も悪くなるようになりました。

「ただただ真実が知りたい」と思ったことから、興信所への依頼を決めました。値段が高いので、最初は本気では考えていませんでしたが、その値段すら安いと感じるくらい、精神的に追い詰められてしまったのが、依頼を決めた理由でした。

インターネットで興信所を検索し、大阪にある、いつき探偵事務所に依頼しました。当初、大手興信所への依頼を考えていましたが、電話見積もりの時点では、調査費用が一日18万円と言われていましたが、事務所に訪ねて直接話を伺ったところ、一日85万円まで跳ね上がってしまったため、やめました。

いつき探偵事務所は3日で25万円というとても良心的な値段で調査を引き受けてくださいました。担当者の方の人柄も依頼を決めたポイントでした。

調査依頼をし始めたころ、主人のカバンからコンドームやラブホテルの会員証が見つかり、グレーからクロに確定しました。「真実を知りたい」と思って始めた調査でしたが、途中から「証拠集め」のための調査へと切り替わりました。

主人の携帯電話やスケジュール帳から女性と会う日程を絞り、調査を依頼しました。女性と会ってもホテルへ行かない日もあり、順調に進んだわけではありませんでした。また、目星をつけていた女性とは違う女性と会っていたことも判明し、結局は複数の不倫が発覚しました。

調査期間は半年ほどで、そのうち6日間、調査を依頼し、二人分の証拠を得ることができました。手をつないでデートをしている写真や街中でキスをしている写真、そしてホテルを出入りしている写真が撮れました。一人はラブホテルに入ったのですが、もう一人とはビジネスホテルに入りました。

ラブホテルは建物への出入り写真で証拠として有効ですが、ビジネスホテルでは部屋への出入り写真が必要になります。そのため、探偵さんからの提案によって、斜め向かいの部屋をとることにし、部屋への出入り写真も撮ることができました。

トータルの調査費用は60万円ほどでした。調査日数6日に加え、主人の出張の際にも調査を依頼したために交通費やホテル代が実費で追加となりました。予算オーバーではありましたが、自分ではわからなかった複数不倫の真実を知れたこと、そして何より、自分では押さえることができない証拠写真を押さえていただいたので満足しています。

調査報告として、報告書と写真、当日の動きをまとめたDVDをいただきました。それらに目を通すのは勇気もいりますし苦痛を伴うものではありましたが、それが真実です。しっかりと受けとめました。

調査中は調査をしていることが主人に知られてしまうと、私自身も探偵さんも調査がしにくくなってしまいます。
知られてしまわないように、いつも通りの自分を演じることがとても大変で辛かったです。私自身もバレないように必死でやっていましたが、最後の方は、私が携帯電話をのぞいていることがバレてしまったために、主人もメールの履歴を頻繁に消すようになってしまい、調査が難航しました。

やりとりが見られず、会う日もわからなくなってしまったのです。

結果的には、無事に証拠写真が撮れたので良かったのですが、下手をすると調査もできなくなってしまうので、調査を依頼するときは、みなさんも覚悟して、本気で臨むべきだと思いました。