興信所の料金は、こうして決まっている!

「探偵社や興信所に依頼すると、いくらかかるのか?」

興信所の料金については、やはり気になりますよね。

ほとんどの興信所や探偵事務所のホームページを見ても、具体的な料金が載っている所はありません。

なぜなら、各個人によって依頼内容や調査方法・調査期間・調査場所など、1つとして同じ依頼はないからです。

でも、そうはいっても興信所に調査を頼むとどのくらいの料金がかかるのか、だいたいでいいから知りたいですよね?

そこで、興信所でかかるおおよその料金を、できるだけわかりやすく説明しますね。

興信所の料金の相場を知ろう!

興信所の料金の相場実は、興信所の調査にも、ある程度の相場があります。

もちろん、個々の調査内容によって大きな差がありますから、相場といってもあくまでひとつの目安に過ぎません。

ですが、ある程度の相場を知っているか知らないかでは、興信所を選ぶ際にも大きな差を生みます。

たとえば500円のラーメンと聞くと「安いかな」と感じますよね。千円だと「まぁ、普通かな」ですみますが、では二千円だとどうでしょうか?

二千円のラーメンは、さすがに高いと感じることでしょう。相場を知っているものに対しては料金を聞いただけで、それが適正なのか、安いのか高いのかを判断できます。

興信所の料金も同じことです。相場を知らないと、提示された料金が高いのか安いのか、さっぱりわからなくて悩むことになります。

たとえば、浮気調査では、通常は二人一組で尾行を中心に調査を行います。

そこで、5日間調査をする予定で料金について見積もってもらったところ、興信所Aでは100万円、興信所Bでは50万円、興信所Cでは20万円と言われました。

さて、この三社の料金は、相場と比べて高いのでしょうか? それとも安いのでしょうか?

浮気調査の場合、一日当たりにかかる料金の相場は、およそ10万円といわれています。

この相場を知っていれば、三社の見積額について、おおよその判断ができます。

興信所Aの100万円は相場の2倍ですから、かなり高いといえます。興信所Bの50万円はちょうど相場の金額です。興信所Cの20万円は相場の半額以下ですから、かなり安いですね。

興信所の料金って安ければいいの?

はてな?と考え込む女性では、相場となる料金と興信所ごとの見積額を見比べて、どの興信所を選べばよいのでしょうか?

興信所の選び方については、別ページにて詳しく紹介していますので、ご覧くださいね。
興信所の選び方

ここでは料金面だけに注目して、興信所を選ぶ際のポイントについて紹介します。

大切なことは、見積額が安いからといって、それだけで興信所を選んではいけない、ということです。

相場となる金額は、なにも興信所がもうけるためにぼっているわけではありません。

もちろん興信所は、ボランティアとして活動しているわけではありません。営利を求めるのは当たり前のことです。ですから損をしないように利益を出しながらも、競合も多いためにボロもうけができるほどの料金を設定できないのが普通です。

そうした事情から、業界における相場ができているわけです。

そこでひとつ、わかってくることがあります。相場よりもはるかに安い見積額を出してくる興信所は「ほんとうにその金額内ですべてが収まるのであれば、利益が出ない」ということです。

損をするとわかっている仕事を、興信所が受けるわけがありません。となると、なぜ料金が安いのかを探っていく必要があります。

料金が安い理由として、主にふたつのことが考えられます。ひとつは浮気調査にかける経費を削っている場合です。

たとえば、通常は二人以上で尾行することが常識ですが、一人ですませてしまえば、その分の人件費などが浮きます。機材などにもお金をかけず、スマホで撮影しているのかもしれません。

このような場合、その興信所の調査能力は、他の興信所に比べて格段と落ちることになります。その結果として、浮気の証拠をつかめないまま調査を終えることも多いでしょう。

高すぎると驚く女性もうひとつは、見積額は見せかけだけの低料金になっているけれども、実際に調査が終わってみたら必要経費など、多額の料金を請求されるケースです。

見積額が安いからとC社に依頼したところ、最終的な金額はA社よりも高かった! なんてことは、よくあることです。

料金に関するトラブルは、興信所ではよく起きます。こうしたトラブルを避けるためには、興信所の料金がどうやって設定されているのかを、あらかじめ知っておく必要があります。

探偵社や興信所によくある料金システムとは?

各興信所で、どのように料金を設定しているのかはさまざまですが、主な料金システムは3つです。時間料金制・パック料金制・成功報酬型の3つです。

それぞれの料金体系について、紹介しますね。

その1 時間料金制

時間料金制と書かれたボードを指さす女性時間料金制とは、調査期間や調査時間に比例して料金が変動する料金体系のことです。

興信所では通常、2名で調査活動を行います。これは、1名ではまともな調査が行えないためです。

たとえば1人で尾行するとなると、トレにも行けません。少なくても2名1組で調査を行うのが基本です。場合によっては3名、あるいはそれ以上の調査員が連携して尾行を行うこともあります。

2名で1時間の調査を行った際の料金ですが、相場はおおよそ1.5万から2.5万円です。

これを元に、1日当たりにかかる料金をだいたい計算できます。もし、1日6時間の調査を行うのであれば、9万から15万円の料金がかかることになります。

先ほど浮気調査の相場が1日当たり10万円と紹介しましたが、1時間当たりの相場とも一致していることがわかります。

時間料金制のメリットとデメリット

時間料金制のよいところは、短時間の調査でも気軽に依頼できることです。調査内容に合わせて稼働する人数も自由に決められるため、無駄がありません。

時間料金制のデメリットは、時間と人数によってどんどん料金が上積みされていくため、最終的には予想していた以上に高額になってしまうことです。

また、時間料金制の場合、調査にかかわる諸経費については高めに設定されていることが多く、時間給そのものは安いと思ったのに、結果的には高額になるケースもあります。

時間給ばかりに目がいきがちですが、経費についてもしっかりと確認するようにしてください。

その2 パック料金制

「パック料金」と書かれたボードをもつ女性パック料金制とは、はじめに調査期間や調査人数などが決められたパッケージ料金が用意されていて、それ以上の料金はかからない、という料金体系のことです。

あらかじめ時間が設定されており、それをまとめ買いする形式をとることが一般的です。

たとえば、15時間で20万円、30時間で35万円、60時間で60万円といったパック料金が設定されています。

もし、設定されている時間内に調査が終わらない場合は、延長料を払うことで調査を続けることができます。

パック料金制のメリットとデメリット

パック料金のよいところは、あらかじめパッケージされているため、時間料金制に比べて割り引き感があることです。

ほとんどの場合、経費もパック料金のなかに含まれているため、あとから余計な金額を請求されることもなく、明朗会計といえます。ただし、興信所によっては経費がパック料金に含まれていない場合もありますから、事前にしっかりと確認するようにしてください。

パック料金のデメリットは、設定された時間を目一杯使うことなく、目的を達成して調査が終わったときには、結果として時間料金制よりも高くつくことです。

使っていない時間があっても、パック料金の場合は返金されないことが普通です。

たとえば、30時間35万円のパック料金を契約したところ、20時間で調査が完了したとしても、消化していない10時間分の料金は返金されません。

ですから、調査期間が短くてすむ可能性が高い場合は、パック料金よりも時間料金制のほうが割安かもしれません。

調査期間が長くかかると予想される場合は、パック料金制のほうが割安になるでしょう。

その3 成功報酬型

「成功報酬型」と書かれたボードを指さす女性成功報酬型とは、文字通り、成功によって価格が変動する料金体系です。

もともと成功報酬型の料金設定は、人探しなど成功したかしないかがはっきりとわかる調査で多く採用されてきました。

しかし、最近では浮気調査においても、成功報酬型を採用する興信所が増えています。

ただし、成功報酬型といっても実はふたつのタイプがありますので、注意してください。完全成功報酬制と、通常の成功報酬制のふたつです。

通常の成功報酬制では、着手金(基本料金など呼び方は興信所によって異なります)がまず設定されています。そのため、成功してもしなくても、着手金はかかります

成功した場合は、成功報酬を追加で払う仕組みになっています。

一方、完全報酬制では着手金がありません。成功すれば報酬を支払いますが、成功しなければ支払う必要がありません。

もっとも、どちらのタイプの成功報酬制にしても、調査にかかった経費については別途請求されることが一般的ですから、1円も支払わずに済むわけではありません。

また、「完全報酬制」とうたっていても、言葉の定義は興信所によって異なりますので、中身をしっかり確認することが大切です。

なにをもって成功とするかも、興信所によって異なります。

成功報酬制のメリットとデメリット

成功して喜ぶ女性成功報酬制のよいところは、興信所にとっては成功することで料金が加算されるため、他の料金システムに比べて興信所のやる気を期待できることです。

浮気の証拠集めにしても、成功の確率は高まるといえるでしょう。

調査にかかる料金についても見通せるため、透明性が高いこともメリットです。

成功報酬制のデメリットは、着手金が設定されている場合、そもそも着手金の額が時間料金制やパック料金制に比べて、割高になっていることが多いことです。

そのため、成功報酬分を加えると、成功報酬型の料金のほうが他の料金システムよりも高くなることがあります。

「成功報酬」と聞くとお得感があるような気がしますが、冷静に料金を比べてみると逆に割高になるケースがあるため、注意が必要です。

完全報酬制となると、さすがにお得感は増しますが、興信所はハイリスクを負わないことを知っておきましょう。

たとえば、浮気しているかどうかわからないけれど、疑わしいから調べてほしいといった案件を、完全報酬制で受ける興信所はまずありません。

興信所が完全報酬制で受ける案件は、浮気の証拠が得られる可能性が高いケースや、たいして手間がかからないと判断したケースに限られるのが普通です。

そうであれば、あえて完全報酬制を選ばなくても、普通に時間料金制やパック料金制を利用した方が、結果的に安上がりになるケースも多くなります。

以上、興信所でよく使われる代表的な料金システムとして、時間料金制・パック料金制・成功報酬制について紹介してきました。

これらの料金システムは、それぞれにメリットとデメリットがあるため、どの料金システムが適しているのかは、個々の調査内容によって異なってきます。

しかし、基本的な予備知識があれば、興信所との交渉もスムーズに運ぶことでしょう。

興信所の料金の仕組み

興信所の料金システムを理解したところで、興信所の料金のおおよその仕組みについても見てみましょう。

興信所の料金は、大きく分けて3つに分けられます。調査料金・経費・成功報酬の3つです。成功報酬を設けるかどうかは興信所によって異なります。成功報酬がない場合は、調査料金と経費のみです。

成功報酬の仕組みについては、上記で説明した通りです。

興信所の調査料金とは?

興信所の相場料金を説明する男性調査料金とは、文字通り調査のために発生する料金です。そのほとんどを占めるのは、調査にかかわる人員の人件費です。

先にも紹介しましたが、おおよその相場は1人1時間当たり7,000~12,000円ほどです。この料金を高いと見るか安いと見るかは、人によって異なることでしょう。

しかし、専門性の高さが要求されることや、他の仕事と比べて不測の事態や不利益なことに巻き込まれるリスクも高いため、興信所における適正価格と考えられています。

また、調査報告書をまとめたり、ビデオや写真の整理をするにしても人件費が発生します。こうした人件費も、通常は調査料金のなかに含まれています(興信所によっては別料金が設定されていることもあります)。

調査料金にはさらに、規定の時間をオーバーした際の延長料金や各種手当てが加算されることもあります。

手当には、調査をはじめる前段階として、事前に現場の下見を行う際に発生する予備調査費、深夜や早朝の調査の際に派生する深夜早朝割り増し、遠隔地での調査を行う際に発生する出張手当、身辺警護など特別な調査に伴って発生する危険手当などがあります。

手当については興信所によってまちまちですから、契約前にしっかり確認しておきましょう。

興信所が提示する料金にすべて含まれており、手当などをあとから別途請求しないシステムをとっている興信所も、たくさんあります。

興信所の経費とは?

次に経費について説明しますね。経費には大きく二種類あります。調査の際にかかった実費について、あとから請求される経費と、実費ではない手数料としての経費です。

電車・バス・タクシーなどを使った際の交通費、車を借りた場合はレンタカー代・ガソリン代や高速道路の料金・駐車場代、飲食店に入って尾行する場合の入店飲食代、どこかに宿泊した場合の宿泊代、調査のために使った消耗品代などが、実費としてかかる経費の例です。

実費以外の経費としては、社内の機材や車両を借りるときにかかる手数料などがあります。また、報告書の作成に伴う作業代を、経費のなかに入れる興信所もあります。

これらの料金を合計することで、興信所に支払う料金の総額が決定します。

興信所の料金を安く上げるためのコツとは?

「調査期間は短めにね」のボードを掲げる女性興信所の料金についてわかってくると、どうすれば料金を下げられるかも見えてきます。

興信所の料金の大半を占めるのは、調査にかかわる人件費です。

つまり、調査にかかる時間をできるだけ短くすることが、興信所の料金を大きく引き下げることにつながります。

では、どうすれば調査にかかる時間を短くできるのか、ご主人の浮気調査を元に考えてみましょう。

まず心がけることは、興信所に依頼する前に、浮気に関連すると思われる情報をできるだけ多く集めることです。

その上で、いつ頃浮気をするのか、おおよその当たりをつけられると、調査期間を短縮できます。

いつ浮気をするのかがわからないと、尾行を何日も続けなければいけない可能性が高くなります。

通常、ご主人の退社時間にあわせて、勤務先を見張ることから尾行はスタートします。その際、たまたま運良くその日に浮気相手と密会して、ホテルに直行してくれれば証拠写真もばっちり撮れるのですが、現実はそれほど都合よくは進みません。

3日か5日、あるいは一週間、二週間と尾行を繰り返し、ようやく浮気の現場をおさえるというパターンが一般的です。

尾行をした日数に応じて料金が請求されるため、調査期間が長くなればなるほど、料金も高額になってしまいます。

逆に、ある程度ピンポイントで浮気をする可能性が高い日を絞り込めれば、たった1日で調査が完了する可能性も出てきます。

たとえば、たまたまご主人のスマホをのぞいたところ、相手の女性からラインが入っており、来週の金曜日に会う約束をしているらしいとわかれば、その日に尾行をすることで、浮気の証拠となる写真を撮影できる確率が高まります。

「行動チェック」と書かれたボードを指さす女性そこまでピンポイントでなくても、最近、残業や飲み会が増えているためカレンダーでチェックしてみたところ、水曜日にやけに集中していることがわかった、などの情報が得られれば、水曜日にだけ尾行を依頼することができます。

なんの情報もないまま興信所に依頼するよりも、ある程度浮気をする可能性が高い日を特定できれば、興信所に支払う料金をかなり減らすことができます。

興信所に依頼すると決めたなら、ご主人の行動について注意深く観察するようにしてください。ご主人がスマホをチェックしている回数、残業や飲み会のあった日付、帰宅時の匂い、その日の服装など、メモをつけるようにするとよいでしょう。

あるいは、偶然相手の女性の誕生日がわかれば、その日に会う可能性が高まります。

さらに、罠を張り巡らすという作戦もあります。たとえばあなたが実家に帰ったり、友達と旅行に行くなど、外泊する日をあえて作るという手です。

常識的に考えて、その日にご主人が浮気をする可能性は高いでしょう。ですから、その日にご主人を尾行すれば、浮気現場をおさえられる確率が増します。

罠を仕掛けることで無駄な調査費用を節約できますから、試してみる価値はあるでしょう。

なお、浮気調査にしても、その目的によって調査日数が変わることにも注意してください。

夫婦関係を元に戻すために、ご主人に浮気の事実を指摘する目的で行う調査であれば、証拠写真を一枚でも撮れれば、それで調査を終えても問題ないでしょう。

しかし、浮気の事実があったことを裁判の証拠として使うためには、浮気の頻度が問題となります。そのため、何日か調査を続けることになります。

もちろん、その場合でも調査日数を短くできた方が、料金を節約できます。

調査日数はちょっとした機転を利かすことで、案外短くできるものです。興信所の料金をおさえたければ、できるだけ調査日数を短縮できるように、情報収集を心がけてください。

【厳選】本当に信頼できる興信所はここ!



最大手で主要とし14箇所の探偵事務所といえば、原一探偵事務所
>>原一探偵事務所での無料相談はこちら<<

1時間6000円〜不倫・浮気調査に強いと評判の興信所といえばHAL探偵
>>HAL探偵事務所の無料相談はこちら<<

コメントなし

返事を書く

答えを半角数字で入力してください * Time limit is exhausted. Please reload the CAPTCHA.