探偵事務所・興信所で信頼出来る弁護士を備えているのは?

意外と思われるかも知れませんが、探偵と弁護士の親和性はとても高い、つまり切っても切れない関係にあります。

探偵を頼むとき、私たちには明確な目的があります。
それは最初真実を知りたい、ということから始まるかも知れませんが、最終的にはその真実を元にして問題を解決したり、今後の身の振り方を決めたいというのが、最終目的となるはずです。

例えば浮気調査。

なんだか最近、夫あるいは妻の様子がおかしいというところに気がつくことから始まります。

「もしかして浮気しているのは?」という疑惑が持ち上がりますが、はっきりとした証拠は掴めません。

また直接聞いてもはぐらかされるか、あるいはもし浮気していなかったら激怒されてしまって今の関係が破綻する原因となってしまうかも知れません。

ということで探偵を頼んで調べてもうことにしました。

その結果、浮気疑惑はこちらの誤解であり、パートナーには何の落ち度もなかったというのであれば、そこで終了です。

しかし、浮気の証拠が見つかってしまったら、どうするでしょう。

話し合いで解決しようとするでしょうか。
それとも証拠を付きつけて、離婚と慰謝料を請求するのでしょうか。

相手が謝ることで依頼者の気が済めばいいのですが、たいていの場合、特に探偵を雇ってまで真実を追求しようとした依頼者の場合、それでは収まらないことが多いようです。

そうです、ここで弁護士の出番です。

直接相手との間に入ってもらうかどうかは別としても、離婚に伴う様々な法律的なことに関して、聞きたいことやアドバイスを受けたいことがたくさんあるはずです。

同じく探し人や身元調査の場合であっても、何かしらのトラブルがらみの場合には弁護士のアドバイスが役に立つ場合が多いでしょう。

また探偵事務所としても、最近は問題解決業であるという考えが主流になりつつあります。

そうなると最終的には法廷の場で調査結果が証拠として使用されることが多くなるのですが、であれば最初から弁護士との連携を視野に入れた調査活動を行うほうが効率的です。

このように、最近では探偵業と弁護士が連携して依頼者の問題解決に当たる、というスタイルをとる探偵事務所が増えてきました。

逆に言えば、弁護士ときちんと連携を取れるような仕事のできる探偵事務所は、必然的に法律を遵守して探偵業法にのっとった調査で正確な調査を行えるということを意味します。

実際、そうした弁護士との連携が取れるのは、主として大手探偵事務所や大手興信所ということになるでしょうか。

たとえばこちらの原一探偵事務所や、HAL探偵事務所(成果報酬型)などには専属の弁護士が在籍していて、依頼者の問題を解決して利益を守るための力を貸してくます。

かかえているトラブルが最終的には裁判までいく可能性がある場合は、こうした弁護士との連携に強い探偵事務所を利用するのがおすすめです。

もちろん、弁護士を利用しないで解決すればその費用がかかることはありませんし、こうした大手は最初に出される見積もりがとても精度が高いので、結果的に一番安上がりになるということも大いにありえます。