何度も繰り返す懲りない夫との結末。結婚前に身元調査するべきだった。

前夫は何度も浮気を繰り返した。

そのたびに私にこっぴどく怒られて土下座。

飲み屋のお姉さんとの浮気がほとんどで、深入りはしていなかったので大事にはしなかったのもいけなかったように思う。

繰り返せば繰り返すほど私の立場が強くなり、絵にかいたようなカカア天下。

そのほうが家庭はうまくいくと信じ、強いままの私は女子力が低下。

それじゃあ夫はつまらない。

したがって夜の街に繰り出す。

そのうち、飲み屋のお姉さんは遊びでしか付き合えないと思った前夫は、出会い系サイトで女探しを始めた。

簡単に引っかかるので楽しくてやめられない様子。

トイレに行くのも携帯と一緒。

お風呂の時は脱いだパンツに携帯を隠す。

私は携帯を調べるようなまねはしないのに信用されていない。

夜中に女性からの電話が来るようになると、ベランダに出て2重サッシの窓を閉める。

全部聞こえているのに・・・馬鹿な男だ・・・と、苦笑い。

浮気されるのは私にも責任があるからと自分に言い聞かせ、腹を立てるのをやめて見守ることにした。

が、前夫は私が何も気が付いていないと勘違いし、家のお金を持ち出したり借金をし女に貢ぎ始めてしまった。

これは大変!と、いつものように怒ってますよオーラを出したが時すでに遅し。

素人の女子の悪知恵を植え付けられてしまっていたらしく(後々前夫が吐いた)、後ろを向いた瞬間に頭を柱に打ち付けられて私、脳震盪。

その間に生活費の入った財布と共に前夫は逃亡。

もちろんすぐに見つけ出し即離婚。

慰謝料は払えないだろうから期待しないけど、子供(当時中学1年生)の養育費は払ってくれと約束したけど1度も払ってもらえず。

多額の借金残して未だ行方不明。

長い付き合いの仲間や親・兄弟すべて失い、逃げ隠れの生活になっているのです。

せっかくの人生をそんな風に生きちゃダメよね~。

離婚後、私はいい男に恵まれいい仲間に囲まれ、貧乏だけど笑顔が絶えない毎日です。

正義は勝つ!ってことですね。


浮気したい気持ちとそれをセーブする理由

結婚するまではお互いが恋をしていますのでわくわくしてしますし、本当に好きなので一緒にいることが楽しくて楽しくて盛り上がらずにはいられないという気持ちですが、結婚してしまうとそうした気持ちが少なくなってしまうことがあります。また、男性の立場としてはきれいな妻を持ったとしても別のタイプの女性が気になってしまうことがあるものです。それはスタイルだったり、優しさやノリ、笑顔だったりします。

そのような自分の妻とは違う女性を見ると好意を持ってしまい、会話をするようになるとますます親しくなり、そのうちに恋愛感情が芽生えてしまうのです。こうしたことから始まる浮気は配偶者を裏切ることであり、超えてはいけない一線を越えることになってしまいます。それでそうならないように、自分をセーブしなければなりません。それをしないとその関係が進んでしまうだけであり、最後は家庭の崩壊を招いてしまいます。

というのも配偶者が浮気をしていることを疑い始めるようになる可能性が高いのです。配偶者も仕事をしているとばれにくいと思うかもしれませんが、女性の観察力は鋭いですし、裏切られているかもしれないという感情はとことんまで相手を追及するように動かすことがあります。それは探偵事務所に依頼して、調査してもらうという形で現れるかもしれません。探偵はこの道のプロであり、浮気調査のスキルがあります。必ずといっていいほどの決定的な証拠を写真や動画などで示すことができるのです。

浮気の問題で、仮に家庭が崩壊しなかったとしても夫婦仲が以前よりも良くなるということはまずないですし、ほとんどの場合、相手を信頼できなくなっていきます。心から楽しんでいた夫婦生活を大きく変化してしまう浮気は避けるようにしたいものです。