ばれていないと思っているのは、彼方だけですよ 代償は指輪とか洋服とかいろいろ買っていただきました

浮気をする側は、嘘を見破られないようにと、気を配るあまりに墓穴を掘る事が多いように思います。

グループでの飲み会のように言って家を出ますが、ある個人と会っていると、帰って来てからとても饒舌になります。
会の話や出席者の話など聞いていない事をとても詳しく話してくれます。また、お土産を買って来てくれて食べるようにしきりと勧めます。

こんな時はニコニコしながら話を聞きながら、一緒にいたと言う人の中で私の知っている人の名前だけしっかりとチェックしておきます。

このような場合は、一週間くらいの間にまた同じように遅くなる日があるので気をつけていると、前回と同じようなメンバーとの飲み会があると言います。

この時もニコニコして送り出します。すると上手く私を騙せていると思っているようで、また飲み仲間の話をして、遅くなったのはその仲間が返してくれなかったのだと言い訳をしたりします。

二度目の密会くらいまでは、それでも気をつけて私が勘付いていないかと心配しているようで、帰って来てからもとても丁寧に会の様子などを作り話をします。

三回目くらいに合う事を約束している頃に、もう私の我慢も限界に達するので、帰って来た時にはっきりと、いつといつは嘘をついて他の人とあっていた事を知っているのだと言うことを彼に話します。

すると嘘はついていないとか、その他弁解をしたり証拠はあるのかなどと言うので、少しカマをかけて「彼方の宛に一緒に飲んでいるはずの○○さんから電話がありましたよ。」とか私の友達が「彼方と知らない女の人と飲んでいるのを見かけた」と言っていたよ、などと言うともう平謝りになります。

代償は指輪とか洋服とかいろいろ買っていただきましたが、心の傷はなかなか癒えないのに代償を払うと解決済みと思うのか時々浮気の虫が騒ぐようです。


浮気疑惑が確定的になってしまった場合の選択肢

交際している仲良しカップルを見ていると、実に幸せそうでこちらまでほのぼのした気持ちになるものですが、結婚してしまうとなぜ、あの頃のお互いを敬う気持ちを忘れてしまうのでしょうか。

真剣にお互いの事を思いずっと育んできた愛なのに、ある日突然、魔がさしてしまうのでしょうね。

周りにこんな残念なご夫婦がちらほらいるんです。まさかあの二人に限って・・と最初はとても驚きました。あの真面目そうな旦那さんが?えっ奥さんが?という感じでまさかの浮気。現場をみたわけではありませんが、本人が自ら言うのですから間違いありません。

浮気かも・・どうしよう。という浮気疑惑の相談を受ける事もあり、当事者にとってはかなり深刻。

魔がさした程度のすぐ終わる浮気ならともかく、もうずっと以前からの浮気だったら、知らぬ顔をしてこのまま一緒に生活していくことは無理。けど真実を知ってしまうのはとても怖いのだそうです。

結婚してまだ日が浅いうちなら決心できるかもしれませんが、子どもがいた場合、そう簡単には結論はだせないもの。

本人に直接問いだすのは避けたいようなので、旦那さんに知られずに浮気をしているのかどうなのかを知るには、やっぱり第三者の存在が必要になるんですよね。

そうなると思い浮かぶのは、浮気調査をおこなう探偵社。

依頼することで疑惑だったのが確定的になってしまう可能性大なので躊躇してしまうと言ってましたね。
依頼は簡単にできるかもしれませんが、その時のための覚悟も必要なんだと悟りました。