飲食業の主人の度重なる浮気と借金|四年間交際の末迎えた修羅場の結末

主人とはある飲食店で出会いました。私はアルバイト 主人は店長。

アルバイトには 若い女の子も多く 私と付き合うまでも 何人か付き合ってる子たちはいました。

私はその中で主人と同棲していた女の子から略奪という形で付き合う事になりました。

周りからの嫉妬による嫌がらせをされても 私だけのものという優越感に浸り むしろ 笑えてきたりもしました。

もちろん浮気の心配もありましたが 、わざとできた女に見せたくて 我慢してみたり 嫉妬はしないようにしていました。

それから半年でスピード婚。

今思えば おままごとの様な物でした。

帰宅は深夜が当たり前 朝帰りも月の半分はあったかも。

不安で電話したくても 我慢していました。眠れず彼の帰宅を待っていたのに 玄関を開ける音が聞こえたら 、もう寝ていたかの様なフリをしたりしていました。

何の心配もしない詮索もしない私のせいか 主人は帰宅時間の報告すらしないようになってきました。

そして 結婚半年目 とうとう彼のスーツから 浮気相手と思わせる手紙が出てきました。

内容は 「もうこれ以上付き合っていても苦しいから お別れします。」決定的でした。

もう私は自分を抑えきれませんでした。初めて彼を問いただしました。

こんな内容の手紙にかかわらず 主人は逆ギレ おかしな言い訳までしてきました。私は悔しくてトイレに逃げこもりました。そんな私に「しつこい」と言い 先に寝てしまいました。

それから主人との関係はおかしくなるばかりでした。

毎日のように朝帰り 言い訳はするものの 嘘とバレバレな事しか言いません。家にお金も入れなくなりました。借金も発覚しました。

ギャンブルも増え 借金も膨らむばかり。それに合わせ 別の女の子と一緒に暮らしてる様子。下着 スーツ 主人の荷物は減っていきました。

その頃には私も呆れてきたのか もう何も言わなくなり 別に優しくしてくれる人ができていました。

その人の存在を主人に知られ 何故か私は殴られたり責められたりしましたが  それをきっかけに離婚を考えるようになりました。

まだ離婚はできていません。


四年間交際の末迎えた修羅場の結末

これは仲のいい友人の実話です。
3年ほど前の話。
紹介で知り合った2人は出会って間もなく意気投合し交際がスタートした。
2人とも私の友人ですが男の方は少し女癖が悪い。
最初は良かったものの付き合いが長くなるにつれて色々発覚してくる。
女の方は勘が鋭いから浮気がすぐバレるのだ。
極めつけは携帯。
しまいには二股、3股かける始末。
お互い付き合い長くなってくると情が出てくるので何回も浮気が発覚しては喧嘩しての繰り返し。
二股相手は彼と同じバイト先の女。
それが分かってから彼女はバイト先に一人で行きその女に嫌がらせのしに行っていたのだ。
しばらくして決定的の証拠が…
勘が鋭い彼女は彼の給料日を知っていて給料入ったからラブホテルにいると直感した。
そして彼が行きそうなラブホテルを転々と回った。
すると…
どんぴしゃ!
彼の車が止まっているのです。
ついに彼女は別れを告げました。
それからその事を彼の親友に相談していたらその彼女は彼の親友と交際することに。
初めは隠れて交際していたがバレるのも時間の問題でそのうちバレてしまった。
すると彼は親友に対して激怒。
何で隠れて付き合うんだと。
けど彼にそんか怒る資格はないと思った。
自分が股をかけて散々彼女を傷つけたのだから…
今ではその子達は子供を授かり結婚して可愛い男の子が2人いる。
その彼は当時の彼女と婚約していたが最近婚約破棄になった。
この話を聞いて思ったのが、そういうことをしていた人には必ず罰が当たるんだと…