結婚後にはじめて浮気された実話。浮気するまでの旦那との違い。

浮気をするまでの私の旦那は、とても優しく、子供達にとっても良いお父さんでした。

ところがある日、突然変化しました。

いつも、夜7時に帰ってきて家族みんなで楽しく団欒で夜ご飯を食べるのですが、その日は夜9時、10時になっても帰って来ず携帯にも一切連絡が無い状態で…。

まだ仕事なのかな?と思っていたら夜12時過ぎに帰ってきました。

しかし、いつものスーツの首元には怪しい口紅の後があり、私が問いただすと旦那は自ら浮気した話をしてきました。

最初はウソだと思い半信半疑な私でしたが…。

だんだんその事実から逃げられなくなり、話を最初から最後まで聞くことにしました。

すると、旦那の浮気相手の女性は同じ職場で上司と部下の関係だったそう。

そして、毎日仕事終わりにホテルで会っていたそうです。

浮気相手の女性も、同じ既婚者の子持ちだと言われました。

子供もいる女性がこんな事をするなんて、私は未だに信じられません。

私の旦那いわく、困っていて同じ立場の既婚者の女性には惹かれるものがあるとのことで…。

その女性以外にも浮気相手がいるんじゃないか?と思うこともあります。

私は子供達もいるし、両親のことやいろいろな事を考えると、離婚という決断はできませんでした。

もちろん旦那も反省しているので今回は1度の過ちだと思い、許すことにしました。

ですが、いつなにがあるかわかりません。これからも不安でいっぱいです。

みなさんもお気を付けて。


女性の浮気に対する気持ちの変化とは

浮気をするのは男性の方が、圧倒的に多いと聞いたことがあります。そのせいか、男性の浮気は割と世間では慣用に扱われている気がしなくもありません。浮気は男の甲斐性とは、よく言ったものですが何故男性ならば許されるのか理解出来ません。

それに比べてん女性が浮気をしたとなると、世間の見る目はもの凄く冷たいものです。女としてどうなのか、恥ずかしい等と言われる事が各段に多いとおもうのです。

しかし女性ばかりを庇うわけではないのですが、浮気に走る女性の中にはそれなりに大きな原因があった人も多いのではないでしょうか。例えば付き合っている男性に浮気されたのが許せず、彼も同じ目を遭わせてやると思って浮気に走る女性です。また夫が妻に興味を持たなくなったというのも原因にあります。

最初は女性として見ていたのに、やがて子供が産まれた事で女性ではなくて母親としてしか見られないという、女性から言わせれば何とも勝手な言い分です。そんな事を言われてしまっては、女性としてやり切れない気持ちでいっぱいとなります。

いつまでも好きな人には愛されていたいと思うのは当然の事なのに、そのパートナーから拒絶されてしまうと悲しくて仕方ありません。

しかし浮気だからといって、必ずしも身体が関係している訳ではないのが最近増えている浮気のようです。心だけの浮気をする人も中にはいるのだと言うのです。

身体での浮気には抵抗があるけれど、心の中での浮気ならばそれ程気兼ねなく行うことが出来るという考えも、ありなのだそうです。