嘘はつけても寝言は隠せないんだよね!まさかの浮気か?!|離婚話で持ち上がった浮気の話

今までは主人が飲みに行き何時に帰宅しようが、誰と何処に行こうが別に何も言わないでいだけど、最近色気付いたと言うか朝の身支度する時間が長くなりいそいそ出かけて行くようになりました。
いい年して何考えているんだろう?まさかの浮気か?!気持ち悪。

わざとらしく
「終電がなくなってしまったら泊まって来てもかまわないよ」
「浮気するなら素人じゃない人にしてね」
「もし、浮気をしたいなら貢がないで貢いでくれる人を探してね」なんて冗談っぽく言ってみた。

「女房が浮気を公認してくれる?そんなこと言われたら逆にできないよ!」なんて言ってたくせに。

リビングで野球観戦しながらビールを飲んでいた主人が「ねー○○ちゃんビールおかわりもって来て!」は~?今なんて言った!?

もちろん無視、慌てた主人えっ、お前の名前呼んだよだって!ふざけんな!自分の名前間違って聞こえるはずないだろうが!!

それでも主人はお前の名前を呼んだと言い張る。まーいいでしょう。

週末早朝から足音忍ばせ出かけようとしていたので、何処に行くの?と聞いたら「仕事だよ」だって!嘘付け!きのうの夜中こっそり車のトランクにゴルフセット積んでいるの見たしね。

とりあえず、そうなんだって騙されてあげました。

その日の夜遅くご機嫌で帰宅。

「休日出勤でしかも朝はいつもより早く、帰りはこんなに遅いのにご機嫌なの?」わざとらしく聞いてみる。今度はなんと言ってごまかすのやら…。

「とりあえず疲れたから風呂入って寝るわ」と逃げて行きよった。

しかし相当疲れたんでしょうね、すぐに爆睡、そしてまたあの女の名前を寝言で何度も呟いています、これはチャンス!携帯電話で録画するしかないでしょう(笑)

動かぬ証拠ゲット!

さぁこれをどんな風に使うかの作戦を練らくては…(笑)


離婚話で持ち上がった浮気の話

昨年、兄夫婦が離婚する事になり、子供の件などで最終的には調停にまで持ち込んでの泥沼裁判でした。もともとの離婚理由は、性格の不一致。子供の教育方針や家庭と言う場所の考え方。また、実家へのかかわり方への考え方の違いだったようでした。

そして、子供をどちらが引き取るかで話し合いが付かず、調停にまで持ち込んだ兄夫婦。そして、その際、驚くことに兄嫁が、兄が浮気をしていると言い出したのです。

もちろん、兄には、全く身に覚えのない事実で、その事を問い詰めると、「以前、女性のいる飲み屋さんにいった事が私的には、浮気で耐え難かった」や「会社の女性と電話しているだけでも、浮気だと思う」などと取ってつけたかのような話を持ち出したのです。

実際、会社の女の子の事も、兄は包み隠さず兄嫁に話していたようですし、その際、一切、浮気を疑っているようなそぶりもなかったようでした。

兄嫁は最終的に、子供と慰謝料が欲しかったようで、その為にある事ない事の浮気話を持ち出して来たようでした。

結果、そのような事実は証明できなかったものの、その際、兄嫁が心に傷を負ったと弁護士も良い出し、わずかながらの慰謝料と子供を渡す事に・・・。

もともとは、性格が合わない事から始まった離婚話でしたが最終的には、兄が浮気をし、嫁が心に傷を負ったという形になってしまう事に・・・。

実際、浮気とは不貞行為があったのみに生じる事だと思いますが、女性と仲良く話をしているだけで、心的ショックが大きいと言われれば、それまでなのかと驚いた話でした。