信用できる人を選ばなかった自分への罰|どこまでが探偵のお仕事なの?調査だけなの?

冬になると思い出したくない思い出が蘇ってきます。

昨年の冬の話です。私は結婚してまもなく幸せに溢れていました。
旦那は同じ職場の先輩で私は結婚を機に退職していました。

旦那を怪しいと感じ始めたのはその頃で、ケータイは肌身離さず持ち歩くし、飲み会と言っては帰りが遅い日がつづきました。

前の職場で仲が良かった女の先輩にその事を相談しました。

しかし、旦那は会社の飲み会に参加してるから飲み会は本当だろうと言われ、特に怪しい感じはしないよと教えてもらいました。

それから、旦那の飲み会も減ったりいつもより優しくなっていたので、きっとあのモヤモヤはわたしの勘違いだったんだろうと、油断していました。

そして、クリスマスイブに彼が出張があると言ってきました。
イブとクリスマス彼と過ごせないのは残念だったけど、仕事だし仕方ないなと私は寂しく1人ですごしました。

それから何日か後に、街でばったり前職の後輩に遭遇しました。

そして後輩ちゃんから、「この前の有給でクリスマス旅行ですかー?仲良し夫婦ですね。」と言われました。
わけがわからずでしたが、その場は適当に合わせて答えました。

完全におかしいとおもい夜彼がお風呂に入っている時、携帯を見ました。

・・・言葉になりませんでした。

彼は浮気、いや不倫をしていました。クリスマスの夜も不倫相手と不倫旅行に行っていました。

その相手は私が仲が良かった先輩でした。

先輩はわたしが相談した時、つらっと、大丈夫大丈夫!~君に限って、そんなバカなことしないよ。と笑って言っていたのです。

許せませんでした。彼と先輩2人に裏切られました。

彼に話した時、彼は顔が真っ青になり先輩とは本気じゃないと、私とちゃんと向き合ってやりなおしたいと泣きついてきました。

もう、勝手にしてください。2人で仲良くやってくれ。と思いました。

今彼とは離婚を前提に話し合いをしています。

一度崩れた気持ちを修復するのは難しかったです。

子供がいなかったのが幸いでした。


どこまでが探偵のお仕事なの?調査だけなの?

探偵、というとやはり調査をしたりと実際に行動をする事がお仕事といったイメージが強いかと思います。浮気調査、人探し、中には猫探しなどなど?何かを調査する事が多いですよね。しかし、探偵のお仕事はそれだけではありませんよ。

個人的に、メインとなるのはクライアント様との対話だと思っています。まずは状況を聞くところから始めます。人によってはお話する事が苦手で、通常よりも時間がかかってしまうケースもあります。しかし、焦らずしっかり聞く事でより多くの情報を提供してもらいます。

特に浮気調査の場合、最初にある程度浮気の確立についてお話しています。パートナーにこんな行動はありませんでしたか?と色々と聞いておいて、浮気している可能性が高い場合には予め伝えるようにしています。

というのも、確信を持って証拠のために利用する方もいれば、安心したいという人もいます。しかし、最悪の結果だった時には少しでも心の準備が必要になるからです。やはり調査結果を聞いて泣き崩れてしまう方もいらっしゃいますからね。

そのため、心理学やカウンセリングを学ぶ探偵も増えてきています。皆さん色々な状況で探偵事務所を利用されるのですが、やはり心が疲れてしまっている方が多いですからね。

他にも、わかりやすい調査報告書を書くセンスも求められます。たかが報告書ではありません。この報告書に調査の全てが詰まっているわけですから、クライアント様に見やすいように作るのもまた探偵の仕事ですね。