あれ?と感じた時が調査開始の合図 結婚して10年、今までそんな事は一度もなかった。

「今週末、仕事になった」

「今度の金曜日、会社の人の家で呑むからそのまま泊まるね」

「土曜日、久しぶりに趣味の〇〇の誘いがあったから行ってくる。夜の食事が飲みになったら帰りが遅くなるかも」

夫の言葉にあれ?と思ったのはある月の月末。気づいたらその月は、週末一緒に居た日が全くなかった。

結婚して10年、今までそんな事は一度もなかった。

夫は家族と一緒に居たいタイプだし、そして週末もだいたい家で過ごす人だった。

それがひと月、家に居ない?

週末を家で過ごさない夫をおかしいと思ったのは月末になってから。

ひと月もおかしいと思わなかったのは信頼していたからに他ならない。

それに仕事で忙しい日々が続いているようだったから趣味の時間や自分の時間がほしいのだろうと思ってもいた。

でも、これはさすがにおかしい!と私の頭のどこかが警告を出した。

まさか浮気とか?

そんな事をするタイプの夫ではないはずと半信半疑ながら、頭からの警告を納得させる為にネットで浮気についての情報を探す。

探偵?興信所?いやいや、それは時期尚早だろう。だって夫が浮気をしているはずがないのだから。

そんな事を考えながらネットで情報を探している時に掲示板のまとめサイトが目に付いた。

浮気関係のまとめではみんな自分でできる限りの事をしているようだ。

それを参考に私が準備したのは安めのICレコーダー。

夫に心で謝りつつ平日の夜に夫が趣味で籠る部屋に見つからないようにセッティング。(趣味では友人と通信したり会話したりしているから。)

これで何もなければ私も納得できる。そう思いながら翌日の朝、夫出勤後に回収。

早速、レコーダーを再生。

あれ?黒い?

たったの一晩で「あれ???」と感じるような夫の言葉が録音されていた。

ヘッドセットでの会話らしく軽やかな夫の声だけが入っている。そしてそこには目に見えないハートが見える気がする。

明らかに真っ黒という言葉ではないものの、黒々としたものが言葉の端々に見え隠れしている。

それは10年以上一緒に居るからこそ判断できた言葉たちのニュアンスだ。

そして不安と怒りという複雑な感情から、私は次にGPSロガーを新たに購入して夫の車(通勤で利用中)に仕込むことにした。

これも浮気について調べていた時にネットで見つけた情報だ。

GPSが示す行動が夫の言っている行き先と違っていたなら、次は録音を続けている会話の内容と照合しながらピンポイントでの短期決戦、興信所に尾行依頼だ!と決意した。

私の勘違いであればいいと願いながら。(たぶん、空しい願いだろうけれど)