不貞する時期を間違えすぎた旦那の浮気のバカくささ…|日頃縁はないですが興信所の凄さを聞きました

6年前、長男を妊娠中私は切迫早産になり入院が必要になり緊急入院せざるを得なくなりました。

しかし、まだ妊娠6ヶ月赤ちゃんを出すわけにもいかず、点滴を24時間するしかなくベッドで安静の私を見舞いにも来ないで、何をしてるかと思ってた頃症状が悪化してしまい、緊急転院をするために元旦那に連絡しても通じず…。

医者も呆れてしまい仕方なく担当医が救急車に同乗してくれました。搬送先病院からも元旦那に連絡してもらいましたが、電話にでず。

連絡が付いたのは6時間後…死ぬか生きるかの嫁、子供を気にしない元旦那に私は不信感と憤りを感じ、興信所に頼み元旦那の行動を見張ってもらいながら写真撮影もお願いしました。

万が一、浮気や不倫があったら証拠として出せるように…と興信所の方に勧められました。

数日後、さすが興信所の方!!当たりました。元旦那は私が入院してるのを良いことに、外国人の女と不倫していたのです。
しかも私が入院してすぐから、交際を始めたみたいで不倫相手の自宅に入り浸って仕事も行っていなかった元旦那。

私が緊急転院された日も不倫相手と逢っていた。と元旦那が自白、怒りを超えて呆れてしまい、入院中の私は弁護士を頼み興信所の情報を渡して離婚したいと願い出ました。

すぐに元旦那とは離婚出来なくて苦労しました。

今も子供の面会やら何やらで裁判を起こされますが、元旦那の不貞なのでなぁんにも応じません。

不倫した方が悪いです。

されてる方しようと思う方、止めましょうね。苦しみますよ。


日頃縁はないですが興信所の凄さを聞きました

お友達に聞いた話です。
やはり興信所は凄い!という話です。

お友達の職場の男性既婚者が、若い独身女子社員と恋愛関係になってしまったそうです。
よりによって、男性のお父様もその会社の役員として勤務なさっていたそうです。

二人の仲は、次第に社内で噂される様になり、そこで二人の関係を終わらせればとりあえず事なきを得たのでしょうが、そうはいかなかったのです。

二人が真剣に色々考えた末にとった行動は…なんと駈け落ちだったのです。
男性は家族も仕事も捨てて、その独身女性と誰にも分からない場所で暮らすことを選んだのです。

そんな凄い話が現実にあるのかと、聞いてビックリしました。
そこまでお互い真剣に思い詰めていたのだと思うと複雑な心境です。

しかし、会社や家族や世間体などを考えれば当然の事ですが、駈け落ちを絶対認められなかったお父様は興信所に依頼して、遠く離れた場所でひっそりと暮らそうとしていた2人を見つけてもらったそうです。

依頼してからはあっという間に発見されたそうです。興信所の捜査網はなかなか凄い様です。

その後二人は別れさせられた様です。その話を聞き、興信所の凄さを感じた私です。