単身赴任中の愛妻家イクメン夫の事実|結婚前の調査や、不明者の調査のために、利用する人が多いです

知人の話です。夫45歳、妻37歳、子供11歳のご家族です。
旦那さんは、サラリーマンで2年前より名古屋に転勤になったので単身赴任の生活になったようです。
しかし、愛妻家で子煩悩なイクメンパパで有名なご主人は、2週間に一度自宅のある兵庫に帰って来て家族サービスをしています。近所からも評判の優しい旦那さんです。

そんな旦那さんの浮気がわかったのは、奥さんと娘さんがサプライズで名古屋にいったときのことです。

旦那さんに内緒で、帰って来ない週の週末金曜日にこっそり奥さんと娘さんで名古屋に行くとのことでした。「パパ絶対喜ぶやろなぁ!」なんて私も一緒に話をしていました。

金曜日の夜、新幹線で名古屋に向かった二人。パパの家の合鍵はもともともっていたのでそれで家に行きました。家をあけると案の定、男性の一人暮らしという感じで、靴下やシャツが点在していたそうです。

娘さんがテレビに夢中になっている間、パパっと片付けをしていた奥さん。ふと洗面所の棚にメイク落としがあるのを発見。洗面台の下の開き戸をあけると、化粧品のミニセットとナプキンまでありました。

浮気なんて1ミリも疑ったことのなかった奥さんはただただ驚いて一瞬頭が真っ白になったようです。

とにかく娘さんにバレないように平静を装い、リビングにあるタンスを開けてみました。すると、男女の情事に使われるグッズが小さなか紙袋から出てきたようです。

裏切られたショックと怒りがこみ上げてきたようですが、娘さんがいる手前どうすることもできず、旦那さんを帰りを待ちました。

二人が来ていることにとてもびっくりした旦那さんでしたが、嬉しそうに接していたようです。
やましさも何一つ感じさせないいつもの旦那さんだったので、何も聞けなかったようですが、真相は未だグレーなようです。


結婚前の調査や、不明者の調査のために、利用する人が多いです。

探偵や興信所を利用する人は、意外と多いものです。たとえば、結婚前の調査のために利用する人は多いと思われます。

現在では、結婚は、本人どおしの意思でおこなうことが多いです。しかし、そんな現在においても、結婚前の調査をおこなう人は多いのです。

それは、結婚後の生活に対して不安を抱く人が多いことの現れだともいえます。結婚相手の仕事の状況や家族のこと、そして、経済状況などを調査することが多いのです。

また、いわゆる不明者の行方を調べるために、探偵や興信所を利用する人も多いです。突然、消息がわからなくなってしまった家族などに戸惑っている人は多いと思われます。

その悩みを解決するための方法のひとつとして、探偵や興信所が考えられるのです。不明者の調査というものは、家族だけでは難しいです。やはり、プロの手に頼るのがよいといえるでしょう。

その他にも、ストーカーや不倫などの問題の解決のために、こういったものを利用する人は多いといえます。ストーカーや不倫の調査では、まず証拠をつかむことが目的となります。証拠をつかむことができれば、解決にもつながるといえます。その意味でも、利用を希望する人は多いと思われます。

また、今では、子どものいじめの問題とか、行方不明になったペットの捜索などを扱っているところもあります。こういった意外なことにも利用できるのです。自分一人で悩むのではなく、こういった機関もうまく利用するといいのかもしれません。