携帯電話の請求書で発覚!|産後に女性が浮気に走る理由とは。

40代の主婦です。私は主人とデキちゃった婚を22歳でしました。

23歳には待望の長男を出産、でもすぐまた妊娠24歳のときは長女を出産しました。

主人も私も営みの仲が良く育児に追われながらも、お互いの若さを抑えきれず25歳で三度目の妊娠26歳のときには、次男を出産し三児のママとパパでいたって順風満帆の日々を送っていました。

主人はトラックの運送の仕事をしていたので月に数回しか家にいなかったから、家に居るときは本当に家族仲よしでいてくれてました。

私一人で子供三人見るのは半端なく大変でしたが、経済的に支えてくれる主人がいたので頑張ることができてもいました。

でも・・・。次男が生後6か月を過ぎたころ主人の父親が亡くなり姑が一人になってしまい独居生活が辛いというので同居することになりました。

それが浮気のきっかけになるなんて夢にも思っていませんでした。
ただでさえ仕事で家に居なかった主人が子供のことを姑に手伝わせ次第に帰らない月が増えてきました。

なんとなく「おかしいなぁ?」と思い始めていた矢先、携帯電話の請求金額が前月より2万も高くきたので主人に問いただしたら「仕事が増えて会話も増えた。」と言い訳したので信じていたら、翌月さらに3万増えていたので平均額より5万高いことになります。

また主人に問いただしたら、話し好きの仲間が増えたから運転しながら話してるからしかたないんだ。」と怪しい回答。
それでも放任していたら3か月目に使用料50万という請求書がきて、さすがに払えない金額なので問い詰めたら、「○○県の△△地区に泊まって、仲間と飲みにいったらそこの勤めてる女とイイ中になってしまった。

彼女には独身で通しているから、結婚したいっていわれて、昼間運転してるときはずっと話ししてたら通話料こんなになった。」と洗いざらい白状された私は、「離婚」をつきつけ現在も独身のままです。

世の中に三児のコブつきをもらってくれる物好きなんていません。
別れた主人とは調停離婚で養育費も法的に金額を決められたのにあれから十数年・・・未だに一度も入金はありません。

主人いわく「営みがしたかっただけで、相手は誰でもよかった。」とのこと。
「だったら私とすればよかったのに!」と言い返したら、「毎回同じ食事だと飽きちゃうだろ、たまには違う味を食べてみたかったから。」
でもその代償は人生で計り知れないことになるとは思わなかったみたいです。


産後に女性が浮気に走る理由とは。

先日、結婚し子供を産んだ女性の離婚率が高いという報道を聞いていて、身近な友人を思い出しました。
その女性の友人は、大恋愛の上、最愛の彼と結婚したのですが、結婚後三年程で離婚してしまいました。理由は、彼女の浮気。あんなに好きで仕方がなく、どちらかというと彼女の方から押しかける形で結婚にまでこぎつけたような感じだったので、聞いた時は私も周囲も驚きを隠せませんでした。
しかも、夫婦には一歳になる子供がいる上での離婚でした。
浮気の原因を聞くと、彼女は妊娠してから悪阻がひどく、そんな時彼が意外に冷たかったというのです。妊娠期間は常にイライラしがちで、モヤモヤした気持ちのまま出産したといいます。出産してからも、旦那さんは育児に協力的ではなく、いつも彼女は一人ぼっちだったと。それで、子供を一時保育に預けて浮気に走ってしまったということです。
今の時代、三人に一人が離婚しているという現状らしいですが、子育ての不満から、こういった浮気、離婚も増えているのかもしれないですね。結局、彼女は浮気相手が特に好きだったわけでもなく、夜な夜な子供が寝たあとにストレス解消のため、近所のバーに飲みに行っていた相手との浮気だったので、すぐに別れてしまいましたが、ご主人との復縁には至らなかったようです。
御主人の方も、自分の思いやりが足りないことが原因だったと言っておられ、離婚に関してはさほど揉めることなく決着がついたようです。
子供がいて、育児に奮闘している母親でも浮気をする可能性はあることに驚きでしたし、そういう時代なのかなと少し寂しく感じます。