聞くだけでも恐ろしい、友人の不倫体験談とそのとんでもない結末・・・

聞くだけでも恐ろしい、友人の体験談をお話したいと思います。
私の友人(女性)が、会社の上司と不倫をしていました。
不倫相手の上司は彼女の直属の上長で、妻子持ちです。
上司からの誘いで二人きりの食事を何度か重ね、そのうち彼女が一線を越えることを受け入れる形で不倫関係がスタートしたそうです。

この二人の共通点であり、相性が良かったことの要因は、非常に性欲が強いということでした。
同じ会社に勤めており、上司は社内でも強い権力を持つ立場にあったので、密かに社内でもやりたい放題だったそうです。
一日の流れとしては、まず、二人とも始業時間前に出社し、そのまま個室の会議室でイチャイチャ。
そして身支度を整えて何食わぬ顔で始業開始。
業務時間の合間にも、上司が打合せと称して彼女を会議室に呼び出し、そのままイチャイチャ。
その秘密の打合せが、一日のうちに何度か行われます。
二人そろって堂々と「ミーティング」とスケジューラーに書き込んでいる時もあれば、上司が彼女に目配せをして、そのまま時間差で会議室に入り込むこともあったそうです。
そして、昼休みは、自車通勤をしていた上司の車の中でイチャイチャ。
さらに就業時間終了後、残業と称してまた会議室でイチャイチャ。
おまけに退社後は上司の車で人目のつかないところまで行き、車内でイチャイチャ。
これが彼女たちのルーティーンだったそうです。

なんともエグイ話ですが、彼女と上司のとの初体験は会議室で、あろうことか就業時間中だったそうです。
イチャイチャだけでは我慢しきれなくなった上司が暴走し、そのまましちゃったとか…。
一度してしまえばもう何度しても同じとばかりに、彼女たちは社内で濃密な時間を重ねたそうです。
なにをとは言えませんが、会議室にまき散らしたことも1回や2回ではないとか…。
これだけのことが行われていたのに、会社の人たちは全く気付かなかったのか、不思議でなりません。
少なくとも使用後の会議室は、なんらかのにおいが立ち込めていたのではないでしょうか。
そんなことが社内で行われていたなんて、考えただけでも恐ろしいですね。

そしてさらに恐ろしいことに、彼女は同じ社内に結婚を前提にお付き合いをしている彼氏がいました。
彼氏は所属部署が違ったため、勤務フロアが上司と彼女とは異なっていました。
だから気付かなかったのでしょうか。
彼はそのまま彼女と結婚してしまったのです。
なんとも不憫な彼…。
そして結婚式には、もちろんあの上司も出席し、全員の前で彼女の上司として堂々と主賓挨拶をしたそうです。
当たり前のように結婚式に出席し、挨拶ができる上司も恐ろしいですが、不倫相手である上司と結婚相手を同時に目の前にし、何食わぬ顔で旦那様との永遠の愛を誓えてしまう彼女はなんと恐ろしいのだろうと思いました。

さらに、この話には恐ろしい続きがあります。
結婚を区切りに二人の不倫関係が終息するかと思いきや、そんなことはなかったのです。
彼女は結婚後も上司との関係を続け、不倫からダブル不倫へと関係性をさらに深めていきました。
そして、彼女は妊娠したのです。
この妊娠に、旦那様も大喜びだったそうです。
そして数か月前、彼女は無事元気な男の子を出産しました。
これだけはどんなに彼女に聞いてもハッキリと言ってくれないのですが、私はこの赤ちゃんは、旦那様との子どもではなく、あの上司との間にできた子なのだろうと疑っています。
否定しないのは肯定の証拠だと思いますし、なによりこの赤ちゃん、旦那様にちっとも似てないんです。
上司と旦那様の血液型は同じだそうなので、そこからバレることはないのでしょうが、これからどんどん大きくなり、どんどん自分と似なくなっていく我が子をみて、旦那さんは疑問に思わないのでしょうか。

あの子が将来、知りたくもなかった真実を知ってしまい嫌な思いをするこがないよう、他人ながら祈っている今日この頃です。
自分も女性ですが、女って本当に恐いなと思った不倫のお話でした。