興信所の料金体系は、一時間あたり何千円、それをたいてい二人がかりで尾行することが多い

よく、テレビ番組や推理小説などで見聞きする興信所や探偵事務所などを利用する主婦っていったいどれくらいいるのだろうと考えることはありませんか。一般的な主婦が、「もしかしたら旦那が浮気しているかもしれない」と不安になることはよくある話です。

しかし、すぐに「興信所に依頼してみよう」とはならないですよね。興信所に依頼するときは、もう浮気の証拠も揃っていて現場をつかまえてぐうの音も出ないように追い詰める、もしくは離婚前提で…といったケースが多いのではないでしょうか。

では、どうして興信所に依頼するのをためらうのかを想像してみました。浮気の証拠もなく、何となく怪しいというだけで、気軽に興信所を利用するには費用がかかりすぎるという心配もあるかもしれません。興信所の料金体系は、一時間あたり何千円、それをたいてい二人がかりで尾行することが多いようです。また、交通費などの実費も請求されるので普通の主婦のへそくりだけでは、かなり痛い出費になることが予想できます。

それよりも、浮気をされているかもしれないといったプライバシーを誰かに話すという行動が恥ずかしいと考えるひとがまだまだ多いというのも一つの理由ではないかと考えます。医者の前で裸を見せるようなわけにはいきません。

自分が至らなかったから旦那が他の女性に走ったと悲観的になってしまう場合もあるでしょう。そういった家庭の中のことを、たとえ興信所とはいえ包み隠さず話すのは確かに抵抗があります。

しかし、考え方を変えてみると、「恥ずかしい」と思っているひとは、旦那(パートナー)に対する愛情が残っているからだと思いませんか。

もし、相手に対して憎しみや恨みなど、マイナスの感情しか持っていないのならば、誰でもいいから相手に対する罵詈雑言を聞いて欲しいと思うのではないでしょうか。どんな手を使ってでも完膚なきまでに叩き潰してやろうとするはずです。そんな時に羞恥心などありません。

お金の心配をしている余裕などありません。その「どんな手」のひとつが興信所です。費用がかかっても、相手が悪いのですから請求してやればいいのです。とにかく許せないという気持ちが、興信所に向かわせるのです。興信所に頼むまででもないと思いながら、うじうじこの先どうしようかと悩んでいる人は「あわよくば相手の気持ちを取り戻したい」という期待があるのかもしれません。

なぜなら、興信所を使って決定的な証拠を突きつけてしまったら、それで「これまで通り」の生活へは戻れないからです。もしも、ほんの少しでも相手に対する愛情が残っているのならば、第三者を介在させて事を解決させるのは得策ではないかもしれませんね。

それでも、相手に浮気の気配があり、自分のこれからを大切にしたいと思うならば興信所は助けになってくれるかもしれません。

新しいスタートを切るお手伝いをしてもらうつもりで相談してみるのも、ひとつの方法でしょう。最近では、見積もり無料という興信所も多いそうなので、あまり気構えず相談してみると何かいいきっかけになる場合もあります。案ずるより産むが易しという言葉もありますから。

興信所や探偵事務所というと、ハードルが高そうに思いますが、聞いたところによると「ペット探し」などの相談にも乗ってくれて、地域の人に愛されているフレンドリーなところもあるようです。ただ、考えてみるとそんなところには、かえって浮気などのシリアスな相談はしにくいですよね。

いろんなイメージがもたれがちな興信所ですが、クリーンなところを探すことも大切です。明確に料金や調査方法などを調べること、ホームページなどでしっかり確認して依頼することをおすすめします。”