興信所というと何だか昔のお金持ちが使う陰湿な手段のようなイメージがありますが、最近は気軽に依頼できるプランがあります

もし自分の夫が浮気をしていたら・・・と考えたことがある女性はどれくらいいるのでしょうか。
うちの夫に限ってそれはない、と思っている人がほとんどかもしれません。
そう思いたい、のかもしれません。
でも時折、理由もなく漠然と「あれ、何かが変な気がする」と感じたことはないでしょうか。

女性の第六感は素晴らしくさえているもので、「怪しい」と思った勘は当たっていることが多いものです。
夫の不審な行動に気付いたら、多くの女性は何らかの手段でその勘が当たっているのかを確かめると思います。
電話履歴、メールやLINEのやりとり、クレジットカードの利用明細を確かめたりするのかもしれませんが、浮気慣れしていたり慎重な男性は、なかなか浮気の痕跡を残していません。

私が過去に出会った遊び人の男性たちは、浮気相手の女性の名前を男性の名前で番号登録していましたし、相手女性とメールやLINEをしたあとは1回のやりとりごとに履歴をきっちり消していました。
そして普段から奥さんを大切にし、浮気の後もいつもと同じ顔で家に帰り、いつもどおりの態度で接していたため浮気がばれることはないようでした。
何か変だな・・・とは勘づいているかもしれませんが、何の証拠も出てこないので、奥さんは自分の気のせいだと思い込んでいたのだと思います。

そのような家庭のように、奥さんが夫のことを愛して信用し、男性も家庭を壊す気がないという場合は、あえて真実を追求して、知りたくもなかった事実を知って傷つく必要はないのかもしれません。

しかし、もし奥さん側が夫の浮気は絶対に許さないし離婚も視野に入れると考えている場合や、
男性が浮気相手にのめりこんで本気になってしまいそうな場合は、きちんと対処の仕方を考えないといけないと思います。

もし自分がその立場ならば、言い逃れができない絶対的な証拠を用意して、夫にも不倫相手にもきっちり慰謝料を請求して、離婚に踏み切ると思います。

もし不貞行為を理由に慰謝料をもらって離婚をする場合は、必ず証拠が求められます。
男性が不倫を認めず、奥さんと離婚したくない場合、証拠がなければすんなり離婚することは難しい場合があります。
また、本当は離婚をして浮気相手と一緒になりたいと男性が考えている場合、離婚条件が不利にならないように不倫を隠し通そうとする傾向があります。

浮気はしているのは確実なのに証拠はないというときに、どのような手段があるでしょうか。
自分で夫を尾行して浮気現場の証拠をつかむというのはかなり無理があるでしょう。
最も身近な人が後をつけていたら相手に気付かれて警戒されるリスクがあります。
もしうまく現場を押さえられたとしても、冷静を保って鮮明な写真や動画を取ることができる人は少ないのではないかと思います。

そんなときに検討してみてほしいのが、興信所を使った浮気調査です。
もしパートナーが本当に浮気をしていたら、張り込みや尾行を代行してくれて、裁判にも提出できる確実な浮気証拠を押さえてくれる可能性が高いです。
興信所というと何だか昔のお金持ちが使う陰湿な手段のようなイメージがありますが、最近は気軽に依頼できるプランがあるようです。
時間ごとに料金が発生するプラン、パック料金プランのほかに証拠が取れたときのみ報酬が発生する、完全成功報酬型プランもあり、慰謝料で報酬を支払うことができるので、金銭的に不安を抱えている方でも安心して依頼できると思います。
興信所はインターネットで検索すると数多く出てくるので、きちんと内容を確認し、なるべく明朗会計で誠実そうな興信所を探してみましょう。
よさそうなところを見つけたら、まずは無料相談に出向くことをお勧めします。