相手にばれずに裁判で有利な証拠を掴むのはほぼ不可能なのです。

パートナーの浮気や不倫などを疑ったことがあるという方も多いのではないでしょうか。確実に浮気をされていると思ったとしても早々に離婚を切り出したり、問い詰めたりするのは今のご時世ではあまり良くありません。なぜなら浮気をされている証拠を消されてしまうからです。

パートナーが不倫などをしていたら、一緒にいたくないとすぐに別れを切り出されるかもしれませんが、それではもしかすると相手にとっては好都合なだけかもしれません。別れてすぐ浮気相手と再婚して不倫をして裏切ったのは相手なのに、相手だけが幸せになるなんて許していいはずがないのです。

そこで大切なのは浮気の証拠を掴むということです。しかし、相手にばれずに裁判で有利な証拠を掴むのはほぼ不可能なのです。そこで頼りになるのが探偵です。浮気をしているのは確実なのに探偵に依頼する必要はないと感じられるかもしれませんが、多くの方は浮気の証拠があるからこそ依頼をされます。証拠をしっかりと掴んでおかないと離婚で親権や慰謝料の請求なども難しくなるからです。確実に慰謝料を受けとるために証拠が大切であるため、調査を兼ねた証拠掴みとして探偵に依頼をするパターンが増えているのです。

しかし、不倫の調査を依頼するのはお金がかかると不安になられている方も多いというのが現状で、依頼をしたくても一歩が踏み出すことができない場合もあるのではないでしょうか。浮気の証拠を掴むためには何時間も対象を張り込まなくてはなりません。 一日で証拠が掴めたら良いのですが何日も張り込みをし、ようやく証拠が掴めるということも少くはないのです。しかし、出来るだけ調査を早急に終わらせるということは依頼する側の心がけ一つで早い場合では張り込み初日で証拠を掴み、調査が終了ということもあり得るのです。

まず、不倫の事実に気がついても誰にも相談しないこと、相手に問い詰めないことです。相手は不倫がバレそうになると用心してしまい、なかなか証拠を掴むことが出来なくなります。また、自身の親友などに相談することも避けるべきです。これは、パートナーの不倫相手が依頼者の友達ということがよくあるからです。そのため、相談したことでパートナーに話がいくという心配もあるため、証拠を掴みたいのであれば周りには洩らさないことも必要なこととなります。

早期に証拠を掴むためには、不倫相手と密会させなくてはなりません。パートナーのことを怪しいなと感じたらまずはパートナーの行動日記を記録し始めます。この間も不倫していることを勘づいていると相手に気づかれないように慎重にし、帰宅時間や一人で出掛けた日付けや不在時間、連絡がとれなかった火や日やコンビニなど10分でも出かけたら記録をするようにすることで、相手の行動パターンが見えてきます。

また、この日に張り込んでもらうと決めたら、その日は友達と旅行や実家に帰るなど、何らかの理由をつけて不在になるようにすると、不倫をしているパートナーなら必ず不倫相手と接触をするはずですので、早期にパートナーの浮気の証拠を掴むことができ、何日も張り込むことになって金額が高くなってしまうということもなく、なかなか接触せずに証拠が取れないという失敗もありません。浮気の証拠を掴むために探偵などに依頼をされる際には探偵に丸投げではなくある程度の協力や情報提供、さらには不倫相手と接触する機会を作るなど、こちらから仕掛けていくことも大切となります。もしもパートナーが浮気をしているなと思っても、気がついたことを相手にバレないように一ヶ月分ほどの行動日記を記録するなどをし、相談をされると調査もスムーズに進むはずです。