興信所に相談に行くときには周りには言わないこと、パートナーのことを信用するふりをして素知らぬ顔をすることです。

近年では誰でも簡単に依頼することができる興信所への依頼は男女関係についてが多いと言えます。行方不明者や家出をした相手などを探してもらうイメージだった興信所ですが、最近ではパートナーの身辺調査の依頼が増加しているのです。

なぜわざわざ調査をしてもらうのだろうか、不貞の疑惑があるのならさっさと別れたらいいのにと感じられる方もいますが、興信所へと身辺調査を依頼されるのにはさまざまな思惑があります。まずひとつは、怪しいところがあるものの不倫をしているという証拠もなくもしかすると勘違いかもしれないという気持ちがある場合です。疑ってばかりでやきもきしたくない、真相を知って相手が潔白だということを証明してもらい、安心したいという思いがある人もなかにはいます。

しかし、多くの場合は証拠集めのために調査を依頼されるケースが多いのです。例えば、子供がいて親権を争うことになりそうなとき、母親に親権がいくのがほとんどですが収入や生活環境においてはどちらが親権を握るのか、離婚をする際には争うこととなります。その際に、離婚の要因は相手側の不貞によって招いたことだと証明することによって、男性の方にも親権がいく場合もありますし、女性で収入がない方でも親権を握れる可能性が高まります。

子供がいない場合においても、不貞における離婚となると、慰謝料が発生します。実は、興信所にパートナーの不貞の調査を依頼されるかたの多くが、この慰謝料のためであると言っても過言ではありません。信頼して結婚をしたのに、隠れて他の異性と仲を深めていたのであれば傷つきます。それは、当然のことであり、それに対しての慰謝料はしっかりと支払ってもらう必要性があるのです。

そのためには、証拠が必要となります。不倫の証拠を自身で集められて裁判所に提出をしても、証拠として認められないケースも少なくはありません。そのため、証拠がないとして慰謝料がもらえないということにもなりかねないのです。そのため、興信所に証拠となる写真などを撮影してもらうために依頼をするというケースが非常に多いのです。

また、不貞には相手もいますので相手のことを調査してほしいという依頼も多く、パートナーとパートナーの浮気相手からしっかりと慰謝料を請求するために、不倫をしていることが確定していたとしても、あえて身辺調査を依頼されると言えます。

興信所にパートナーの身辺調査を依頼された方のほとんどが不貞の事実を突きつけられます。しかし、中には不倫の事実がなく潔白を証明されたという方も珍しくはありません。

しかしながら、潔白を証明するためには、不倫の証拠は集めるよりも長い期間の張り込みが必要となり、その分、人件費を合わせて費用が高くなります。

また、不倫相手が一人ではないような場合にも、何人と関係を持っているのかを明確にするために長期の調査となります。最近では、広告などに探偵や興信所の文字を見るケースも多くなり、誰でも簡単に興信所を利用することができるような世の中になってしまいましたが、調査に関しての費用はかかりますので、覚悟が必要となります。

もしも安く済ませたいのであれば、怪しい行動をするパートナーの動きを1ヶ月程度監視し、ノートに記録をして興信所に持参していくことが大切です。そのパートナーの行動記録を元に、調査の計画がたてられ、スムーズに調査を終えることができるかもしれません。

また、興信所に相談に行くときには周りには言わないこと、パートナーのことを信用するふりをして素知らぬ顔をすることです。不倫を疑っていることがいつ本人にバレるか分かりませんので、親友や家族にも言わないようにするということも大切です。パートナーの不倫相手は自分の親友だったというケース、意外と多いのです。