興信所の役目とは?気になったら相談だけでもしてみるのが吉

興信所というと、行方不明者を探したりというような、深刻なケースでしか利用することがないと思われている方も多いのですが、近年の興信所への相談のほとんどが浮気などの身辺調査であると言われています。浮気の調査も深刻ではありますが、多くの人が興信所を利用する可能性があるということになるのです。

夫婦関係にある方の依頼はもちろんのことを、最近では恋人のことを調査して欲しいというパターンや、もしくは両親が我が子の交際相手の調査を依頼するということも増えています。しかし、この交際中の興信所への依頼と夫婦関係にあるものの依頼とでは目的というのは異なります。

多くの場合は不貞の心配をしていて、別れるためのきっかけを与えてもらうためとして興信所に依頼をされることが多いのですが、夫婦関係にある場合には離婚を前提としているパターンが多く離婚するために有利となるために証拠集めが主となります。

子供などがいる場合には親権が有利となるだけではなく、不倫によって慰謝料を請求することが出来るなどの利点があることから、不倫相手からも慰謝料をもらうために興信所に調査を依頼し、裁判で有利になるような証拠を得るのが大きな目的となります。

一方で婚姻関係にないカップルが調査を依頼をするパターンには大きく二つに分かれます。浮気の心配というのはないものの、不貞をするような相手ではないという確信を得て婚姻関係に進めたいというパターンと、浮気をしている確信があり、別れるか否かを迷っているようなときです。

始めは浮気をしていたら別れると決意していたとしても、もしかすると結婚を機会に異性と遊ぶのをやめてくれるのではないかというような思いから許されるのも少なくはありません。また、婚姻前のカップルの調査には、親が依頼をされることも少なくはありません。

興信所では、相手との関係性が証明することができたら、相手の行動を調査してもらうことが出来ます。どこに住んでいるのかという詳しい住所は調査をしてもらっても、住まいを聞くことは出来ませんが、聞いていた住まいのレベルであったり、仕事とは異なるということがないかを調査をして欲しいというようなパターンが多いのです。

我が子が結婚する相手の素性を知らないと、心配で結婚させられないというような時に、親が子供のパートナーのことを調査することも少なくはありません。興信所は不定を暴くためのものであると思われていますが、実はそうではありません。相手の素性を知るというもの、相手のことを知り、安心することが出来るためでもあります。相手が言っていることが正しいのか、不安なことがあったらその不安を取り除くために興信所に調査をしてもらうというのが当たり前となっています。

興信所によっては浮気調査を得意としていたり、人探しを得意としていたりと様々ですので、得意な調査を引き受けている興信所を選択することが大切です。そして、興信所を訪れる際には安易に周りに利用することを伝えないということも大切です。信頼している人が、もしかすると調査対象者に興信所に調査を依頼していることを洩らしてしまうかもしれません。

そうすると、調査が困難となったり、根回しが行われてしまう可能性があり、なかなか素性が明らかにならないなどによって、調査が長引く可能性もあるのです。調査が長引くということは、費用がかかるということになりますので、それだけ出費が必要となりますので、興信所に依頼をされる際には、身内などであっても利用することを伝えないこと、これが基本です。

また、多くの場合で相談でどれくらいの費用がかかるのか分かりますので、依頼を考えている人はまずは相談だけでもされてみることが大切です。