え、探偵調査費50万円!?興信所はなぜこんなに高いのか、費用の内訳を詳しくご紹介します

探偵調査量は高額と思われる方が多いはず。浮気調査で証拠とるのに15万、50万円などどうして必要なのでしょうか?

高いのではないでしょうか?日当2万円の人材3日動くだけだと6万円しかかかりません。はじめそう思われるのが普通ですが、実際調査によれば調査員1名だけでするケースほとんどなくてチームでやります。

テレビでの探偵はどういったときもほとんど一人で、いきなり決定的現場登場して舞うが、実際調査によれば複数調査員備考から張り込みなど入れ替わり繰り返して行って、最終的現場到着します。そして調査前しっかりした下見調査が必要であり、対象者行動に合わせた専用調査車両などが必要と案ります。

そして、仮に友人がすべてをやったとして、日当は手間賃があり1万円/日となります。それを3人3万円で知り合ったとき車使うならレンタカー必要で、1日使うと1万円程度です。

撮影で撮影機材が必要になり、ある程度品質でなくてはならず、ビデオカメラ15万円で備考経験がないため発覚の可能性があり、見誤って失敗するケースが大きいです。何度も繰り返しやっと成功するといったことが実際のところです。

そして、それでも成功したときはいいのですが発覚したらプロ探偵に依頼する以外なくなります。ですが、対象者が警戒がかなりであるとおもわれれば、余分な超人員が必要になってきて、事実かくして依頼されれば、対象者警戒行動対応しきれないと判断すれば、初日調査打ち切りとなります。

証拠撮影したのでも、どうして証拠としてまとめればいいのかわからず、vtr編集ソフトが必要で変種御法もわかりません。

料金のことに偏って、大手探偵社が高額と誤解することもあります。行方調査はネットワークもたない探偵事務所、全国124もの拠点あって700名超えるスタッフいる探偵事務所は発見する確率大きな差が出ると理解していただけるはず。

対象者が名古屋でなく仙台などにいると想定されれば、土地勘もプレーンもいない名古屋の探偵が行くのと、電話連絡受けた仙台のスタッフ街区のどちらが経費かかるのかといったことは考えるまでもありません。

とても大事なことは証拠としての能力で、最高裁の判例で探偵社、興信所の報告書、証言は証拠採用されるとなっています。

対して対象者が見ただけでだれか判別できる画像などがあればいいですが、プロの探偵も正面からの撮影は容易でなくて、素人ではピンとも会わなくてブレブレとなるケースがあるのです。

そうしたことを総合的判断し、探偵社の依頼料金適正出るのか考えていましょう。調査結果どうするか?明確決定されないで相談にお越しになる方が多いのです。そして法的な有効浮気証拠集める必要性がどういった点にあるのかですが、慰謝料の請求時証拠として提出、離婚裁判時証拠として提出。

こうした相手に対して慰謝料請求、離婚裁判になれば決定的証拠集める必要があります。ですが、離婚してる事実だけ知ればいいといったときは法的証拠まで集める必要がなくて探偵依頼する間でもありません。

そして浮気調査を探偵依頼するとどういう証拠提出されるのか気になります。探偵に浮気調査依頼するなら費用はアンケートによれば1時間1.5万~2万円が相場となっています。

そして、探偵いさりしたらどういった調査をしてくれるかですが、浮気はgpsで行動パターン特定して尾行により浮気現場の決定的瞬間写真に収めます。

1件シンプルですが、調査対象者も移動したりして浮気ばれてしまわないように慎重に行動をするのです。こうしたことに対して一人だけで浮気調査してればなかなか決定的瞬間とらえるの難しかったりします 。

そして、多くの事務所では2~3名の体制で浮気調査をして決定的瞬間見逃さないようにします。