妻と離婚危機にある上に妻とは音信不通。どこにいるのかもわかりません。なので、興信所に依頼して探そうとしたのです。

興信所、人探し、浮気、不倫について

興信所で妻を探してもらおうと電話しました。しかし、断念しました。断念した理由は数十万と高額だったからです。妻と離婚危機にある上に妻とは音信不通。どこにいるのかもわかりません。なので、興信所に依頼して探そうとしたのです。

ただ、コールセンターへ電話して事情を話すのだけは無料でしたので、もし、利用しようかどうか迷っているなら、とりあえず電話をしてみることをおススメします。利用料はその時の事情によって違うので、電話しないことにはどれだけの利用料がかかるかも分からないからです。

浮気調査になると単なる人探しより高額になると、興信所の電話担当の方から言われました。また、浮気調査は迅速にする必要があると言われました。その理由は、浮気の証拠をつかまなければならないので、早め早めに調査を開始しないと別れたりしたらもう証拠をつかむことができなくなるとのことでした。それに、もし自身が別居していたら、たとえ相手が浮気していても別居を理由に裁判でも勝てなくなる可能性があるとのことでした。

単純に人探しであるならば、最寄りの警察へ行方不明者として届けるのも良いと思います。当たり前ですが、行政ならば、書類の手数料などは別として数十万などという高額な利用料はかかりません。また、SNSへ載せる方法もあるかと思います。しかし、SNSに個人情報を載せることになるので、載せる場合も警察へ行くか、もしくは弁護士へ相談するのが良いです。

浮気の証拠をつかむのには興信所へ依頼するのが一番良いです。しかし、先ほど話した通り高額なので、その後の裁判でとれる慰謝料がどの程度なのかにもよります。弁護士の費用もかかります。弁護士はたいてい興信所にツテがあるので、浮気であれば、まずは弁護士へ相談するのが良いでしょう。弁護士ならば、例えば行政とか社会法律センターといった機関などで無料相談も行っております。また、今時の法律事務所は初回であれば無料の所も多くあります。いくつかの弁護士事務所を回って相談すれば、それぞれの弁護士で意見の違いはあれど、おおむね法的に知りたいことは知ることができます。

興信所と弁護士に共通しているのは、本当に依頼するとなると高額だということです。だから、そういうことにためにも、日ごろからお金をためておくことは非常に重要です。いつどこで興信所や弁護士に依頼せざるを得ないことになるのかわからないからです。今、iDeCoや積立NISAが流行ってます。iDeCoは老後のために行うもので60歳にならないと利用できないので、あまり関係ないかもしれません。しかし、積立NISAはそのためのお金を用意するためにも使えます。

不倫はないようであります。会社でもうまくやっている人はやっています。その裏で家では娘を持つお父さんなんてこともざらにあります。会社であれば部下の女性、病院なら医師と看護師が定番です。介護施設ではお年寄り同士の不倫なんてものまであります。一見、信じがたい話とは思いますが、人間いくつになっても、やはり男と女なのです。しかも、同じ施設に、その不倫している人の配偶者がいるなんてことまであります。

その場合でも、職員は何も家族には話せません。話せばその家庭が崩壊するからです。施設側にしてもどう対応した良いか分からないです。同じ所で働いている夫婦の夫が部下の女性と不倫したなんて話もあります。妻にしたら最悪の状況です。それでも離婚しない夫婦もいます。

ただ一つ言えるのは浮気にしても不倫にしても、一時期のストレス解消程度で最終的には誰も幸せにはなりません。それどころか夫婦の信頼関係も破綻します。破綻した人間関係を続けて幸せになれるでしょうか。