興信所に浮気の調査を行なったらどれほどの時間がかかるのか、結果がわかるまでどれほどかかるのか?

興信所に浮気の調査を行なったらどれほどの時間がかかるのか、結果がわかるまでどれほどかかるのかということを心配されている方も多いはずです。興信所は調査が長引けば長引くほどに料金も高くなのは言うまでもありません。中には何年もの時間をかけて調査をしてもらっているというような方も多いのですが、そのような話しを聞くと、本当に調査をしてもらっているのかと不安になってしまうかもしれませんが、何年もの調査が必要になっていくのには理由があります。

興信所に不倫の調査をされるかたの多くは相手の不貞の証拠をつかんで慰謝料をとりたい、離婚を円滑にすすめたいといった思いが強い方が多く、不倫の現場の写真だけではなく相手からも慰謝料をもらうために相手の身辺調査も行わなくてはいけません。なかには不貞の証拠をつかんで相手と離婚したらいい、もしくはそれで反省をして不倫相手と別れてくれたら納得するといったかたもいますが、信じていたパートナーが浮気をしたら傷つきますので慰謝料はしっかりともらうべきなのです。それは不倫相手においても同じです。
調査が長引く人においては実はこの不倫相手というのがポイントとなっていきます。

長引くイコール調査をしてもらえていないのではなく、調査を行なった結果、不倫相手と思しき相手が多数浮上した、もしくは調査中に新しい不倫相手が出てきたといった場合に依頼者がその相手を全て調べて欲しいと願った場合には捜査はもちろん継続されます。つまり、一人目の不倫相手との証拠を撮った時点でパートナーの不貞がわかり、それで打ち切りにしてもよい場合には調査を終わらせることも可能なのですが、相手のことを徹底的に知りたいと希望される場合にはこれ以上不倫相手が浮上しないと判明するまで調査を続けることも可能なのです。
不倫の調査の場合には大抵の興信所は一つの事実が発覚した時点で依頼者に全てを報告します。その時点で集まっている証拠を見せ、他にも浮気相手がいる可能性がある場合には調査を続ける意思があるか否かを問われますので、パートナーの不貞がわかったことで納得ならそこで終了することも出来るのです。もしも浮気調査にかかる時間や費用が心配であれば、事前に依頼をする興信所に相談をしておいて、これくらいしか調査費用を出すことはできない旨を伝えておくことも大切です。

依頼者の中には一日目の調査によって完璧な不倫の証拠をつかむことができ、そこで終了したという人も少なくはありません。それは依頼した興信所の力もありますが、実は依頼者自身の心がけというのも大きいのです。浮気をする人というのは浮気相手と接触できるタイミングというのを常に狙っていると言っても過言ではありません。そのため、依頼者がこの日に調査をして欲しいと興信所に告げ、調査を開始する日を狙って依頼者自身は出張や旅行など何らかの言い訳を作って家を留守にすることを事前に早めにパートナーに告げておきます。そうすることで調査対象となるパートナーが不倫相手との接触がしやすくなるのです。

早く調査が終わる依頼者というのはこのように依頼をするだけではなく、調査が円滑に行なわれるように協力をすることで、調査費用を大きく削減することが出来ます。間違ってもケンかをした勢いなどで浮気を疑っているというような発言をすることは厳禁です。少しでも疑われていると思った時点で警戒をして浮気相手との接触をやめてしまい、調査に時間がかかってしまう可能性がありますので興信所に依頼を検討されている場合には浮気を疑っていることを隠すことが大切です。そうすることで相手が自由に行動をしてくれますので、調査しやすくなります。