結婚詐欺などで悩んでいる人に向けて、「弁護士を紹介します」と記載があったら、この興信所を利用するのは止めた方が良いでしょう。

初めて興信所を利用する時には、選び方には十分に注意することが大切です。なかには、広告に違法行為を堂々と記載している業者もいます。
例えば、結婚詐欺などで悩んでいる人に向けて、「弁護士を紹介します」と記載があったら、この興信所を利用するのは止めた方が良いでしょう。
なぜなら、弁護士以外の職業の人が弁護士を紹介する行為は、非弁提携といって、弁護士法違反になる可能性がとても高いのです。
また、弁護士と提携を結んでいるや、弁護士が経営しているなどと書いてあった時にも、要注意です。
また、闇金で悩んでいる人に向けて、債権を回収しますと謳っている興信所にも気を付けなくてはなりません。
なぜなら、興信所が債権を回収するという行為は、弁護士法違反となってしまうのです。
探偵は何でも出来るというイメージがあるかもしれませんが、そうではないのです。
探偵は相手の居場所などは調べることは出来ますが、相手と金銭の交渉が出来るわけではないのです。
興信所を訪ねる時には、広告などを細かくチェックすることも大切です。
そして、興信所で契約をする時には、契約書を隅々まで読んでおくことが必要です。
そこに、クーリングオフについての記載があるかどうかが必要です。
興信所に調査を依頼したものの、途中で気持ちが変わるということもあります。その時に、クーリングオフが出来るかどうかはとても重要です。
契約書にクーリングオフについて記載がないということは、1度契約した場合にはキャンセルが出来なくなる可能性があります。
最初に、必ずクーリングオフについて確認しておきましょう。
では、違法なことをしていない優良な興信所がすべて良いのかというと、それは違います。
興信所への依頼をする時には、いくつかチェックすることが必要です。まず、事務所の様子です。乱雑だったり、インテリアが埃を被っていたりと、明らかに来客がこれまで少なかったことがわかるところは、避けた方が良いでしょう。
また、事務所があるにもかかわらず、依頼の相談を聞く時に、ホテルのレストランやカフェなどを指定してくるような興信所も、出来るだけ避けるようにしましょう。
また、調査についての説明がきちんとされているかどうかも重要なことです。何も説明がされないまま、ただ料金や日にちだけが説明されるようなら、依頼するのは考え直した方が良いでしょう。
そして、興信所を見極める時に、一番重要なのは、興信所としての調査能力です。調査能力があるかどうかは、興信所を選ぶ時に、もっとも重要なことです。ですが、初めて入った興信所の良し悪しを見抜くことは、とても難しいことです。そんな時には、口コミなどを参考にすることも重要です。
この時に、成功ばかりに目がいってしまう可能性があります。ですが、肝心なのは、どのように依頼を成功させたのかということです。
興信所を探す時には、一社には絞らず、複数から選ぶようにすることも大切です。一社だけに絞ると、その興信所が、本当に自分にとって優良な興信所かどうかはわかりません。
自分に本当に合った興信所を調べるためには、入念なリサーチを必要とします。
まずは、複数の興信所と比べてみて、料金や運営方法が、本当に自分と相性が良いかどうかを確かめてみましょう。
ですが、興信所へ依頼する時には注意することも必要です。
万が一、途中で事情が変わり、依頼をキャンセルしたいと思った時には、キャンセル料が発生することがあるので、事前に確認しておくことが大切です。
また、調査がすべて終了してからキャンセルすることは不可能なので、もしもキャンセルしたいと考えている場合には、早めに伝えるようにしましょう。